So-net無料ブログ作成

▼国分寺崖線裾野の湧水を集めて流れる野川の最源流「真姿の池湧水群」の観測日誌 ▼ガイド・観察日誌・トピックス・インフォ→構成は「サイトマップ」「真姿の泉TODAY index」参照

蘇る風景・写真のチカラ~三陸・東北写真館 ブログトップ

1.義父が撮った戦前の松島(2011.5.19) [蘇る風景・写真のチカラ~三陸・東北写真館]

1915年(大正4年)3月生まれの亡き義父が、戦前の松島の写真をたくさん残していました。
撮影年月日は記載がありませんが、アルバムに残された他の写真との前後関係から、昭和15年(1940年)ごろ、あるいはもう2~3年前の撮影かもしれません。もしかすると、義父は時期をずらして2度、松島に行っているかもしれません。

このたびの震災と津波では、松島の被害は他の沿岸部と比べると小さかったとのことですが、それでもかなりの被害があり、島の形も一部、変わったと聞きます。
戦前から松島はすでに観光地でありましたが、写真にはたくさんの「帆掛け舟」が写っており、観光船でもあり、釣り船でもあったようです。松島の原風景を見るようです。

義父のアルバムには、島の名前も記載がありませんが、ネットで調べて大部分は特定できましたが、わからないものもあります。
わかる方がいらしたら、コメント欄にてお教えくだされば幸いです。

----------
遺品整理でこの写真を発見した当初は、父が撮影したものと思っていましたが、よくよく見ると、写真を趣味とする素人の写真にしてはあまりにも上手すぎます。誰かプロの手による撮影ではないかと思っていたところ、東北芸術工科大学東北文化研究センターアーカイブスの中に、同じ図柄の松島の“絵葉書”が多数あることが判明。(下記サイトを開き、「松島」で検索)

東北芸術工科大学東北文化研究センターアーカイブス:
http://www.tobunken-archives.jp/DigitalArchives/
東北芸術工科大学東北文化研究センターのHP:
http://blog.tuad.ac.jp/tobunken/

父の撮影ではないことがわかりましたが、今は地元にも残っていないらしい写真を、父は70年間も大事に保存していました。昔の非常にサイズの小さな写真ですが、極めて完成度の高い写真を余程気に入っていたのでしょう。

撮影者が誰であれ、今ではもう見ることもなくなった帆掛け舟が浮かぶ、松島の原風景を記録した貴重な写真ですので、このまま掲載いたします。
----------------------------

<松島湾マップのサイト>
松島湾遊覧コ-ス:http://www.matsushimawan.co.jp/course/map.html
松島観光マップ:http://www.net-miyagi.com/matsushima/sight/map.html

松島島巡り観光船企業組合:http://www.matsushima.or.jp/index_2.html
「体験島巡り」をクリック:島の場所をクリックすると説明と写真が表示されます


01灯台のある島 地蔵島(本土側・多門山からか).jpg
▲灯台のある島は「地蔵島」です。本土側の多門山から撮影したようです。島の手前に小舟が見えます。

02地蔵島アップ.jpg
▲上の写真と同じ「地蔵島」がアップで写っていますが、撮影地点が異なるようです。
島の周りに、たくさんの帆掛け舟や小舟が見えます。

03双子島(本土側高台から).jpg
▲「双子島」、画面の手前に松が写っているので、本土側の高台から撮影したのでしょうか。

04本土側高台から五大堂を望む.jpg
▲「五大堂」の屋根。これも随分と高い場所から撮影したようです。

05福浦橋(本土側から福浦島を望む).jpg
▲「福浦橋」 本土側から福浦島を望むアングルのようです。昭和8年(1933年)にこの木橋が架けられるまでは、舟で渡っていたそうです。義父がここに行ったのは、橋ができてからまだ数年後です。もしかすると、この橋を見ること(渡ること?)が旅の目的のひとつだったかもしれません。
橋を渡る人々の姿が写っています。橋の下を小舟が一艘、くぐっています。

06福浦橋(福浦島から本土側からを望む).jpg
▲「福浦橋」 福浦島から本土側を望むアングルのようです。対岸(本土側)には、旅館でしょうか、たくさんの木造建物が立ち並んでいるのが見えます。
ちなみに、現在の福浦橋は鮮やかな朱に塗られた橋で、昭和42年(1967年)に完成した二代目の橋。全長252m。幅2.6m。このたびの大震災では、橋脚が曲がるなどの被害が出たそうです。
同様のアングルの現在の橋:http://keiryu-hamachan.seesaa.net/upload/detail/image/CIMG1145.JPG.html
現在の福浦橋のたもと付近はコンクリートの護岸になっていますが、義父の写真は松林の陰から、しかもかなり高い場所から撮ったようです。

07高所から.jpg
随分、高い場所から撮影したように見えますが、どこから撮影しているのか、写っているのが何島なのかわかりません。

08海上から-1.jpg
これも、島の名前が不明です。近づいて行く船には3人ほど、人が乗っています。観光船でしょうか。

09海上から-2 仁王島.jpg
「仁王島」 今よりも岩が幾分鋭いような感じがします。こういう岩に帆掛け舟で近づいて行ったら、迫力あるでしょうね。現在では味わうことのできない、贅沢な体験です。義父の写真は舟の上から撮ったもののようですが、帆掛け舟に乗っていたのでしょうか。

10海上から-3.jpg
島の一部がトンネル状になっている「材木島」。トンネルの上部は昭和44年に崩れ、別々の島になったそうです。周囲に帆掛け舟や小舟が見えます。

11海上から-4.jpg
これも「材木島」。屋形船が見えます。

12海上から-5.jpg
「かぶと島」と帆掛け舟。帆掛け舟には一人しか乗っていないようで、釣りをしているのでしょうか。
私、この写真が一番、気に入っています。すばらしいでしょ?
nice!(20)  コメント(15) 
共通テーマ:学問
蘇る風景・写真のチカラ~三陸・東北写真館 ブログトップ