So-net無料ブログ作成

▼国分寺崖線裾野の湧水を集めて流れる野川の最源流「真姿の池湧水群」の観測日誌 ▼ガイド・観察日誌・トピックス・インフォ→構成は「サイトマップ」「真姿の泉TODAY index」参照

[トピックス-3]歴史・文化財をめぐる風景 ブログトップ
- | 次の10件

東山道武蔵路跡保存整備工事実施設計のとんでもない変更、図面をアップ [[トピックス-3]歴史・文化財をめぐる風景]

過日、このブログでもご案内をした「第2回東山道武蔵路跡保存整備工事の市民説明会」が8/21午前中、いずみプラザであったので出席しました。
8/21付けの観察日誌のページでもお伝えしたように、7月の説明会では大変よくできた実施計画素案が示されたのに、8/21の説明会では、道路遺構表示がとんでもないものに変えられておりました。

<7月説明会と8月説明会の経緯概略>
▼7月の素案は、歴史公園として東山道武蔵路の遺構表現も的確で、かつ、住宅地の中の公園としての快適性も十分に考慮されており、大変よく考えられた設計になっておりましたが、7/5の説明会に出席した「福祉施設事業者」から、「遺構表示のことなど聞いていない、教育委員会にだまされた、全面芝生にせよ」との強い主張がなされました。
▼とはいえ、この計画の経緯から言って、事業者が遺構表現について了解していないはずはありません。最初から東山道武蔵路跡には建物を建てず、史跡公園として整備することによって遺跡を保存・活用することが前提で、そのために協議会を作って議論し、地区計画(都市計画)をかけた上で事業者を公募(コンペ)で選考したのですから、事業者は当然、これに従わなくてはなりません。ですから、事業者エゴなど通るはずがないものと思って8月の説明会に出席いたしました。
▼ところが、この説明会で出てきた素案は、道路遺構の部分が芝生で、芝生の両側が、西側のマンションと東側の老人福祉施設側から利用できる舗装の遊歩道という構造です。つまり、道路遺構の部分が草地で、その両側が舗装道路となっていて、まさにあべこべなのです。
芝生といっても吹きつけ方式による草地ですから、夏は雑草の成長に草刈が追いつかず、草丈の伸びた草地状態になります。これでは、肝心な古代道路遺構は、両側に舗装された遊歩道の間にはさまる「中央分離帯」にしか見えません。解説板の読めない子供たちには、東山道は道が右左に二本あって、現代の高速道路みたいに、往路復路に分かれている道路だったという間違ったイメージを植えつけてしまいます。

実施設計の変更の背景については、また後日あらためて書きますが、とりあえず、7月の図面と8月の図面を掲載しますのでご覧ください。
7月の図面と8月の図面のそれぞれ、JPEG画像とワードファイルをアップしておきます。閲覧、印刷等、見やすいほうをお選びください。

■7月の図面
●黄色いラインは、第一期の道路側溝の表示。茶色いラインは第三期の道路側溝の表示。両方とも弾性舗装で色をかえて識別されるようになっている。
●第一期の道路側溝に挟まれた道路部分を弾性舗装にして、幅12mの幹線道路だったことを表現。
●道路標示以外は全面芝生(草地)で、一部がウッドデッキ。
2010年7月4日5日説明会に出された実施計画図面画像.jpg

2010年7月4日5日説明会に出された実施計画図面.doc

■7月の図面拡大
2010年7月4日5日説明会図面画像拡大.jpg

7月4日5日図面拡大.doc

■8月の図面
●第一期の東の側溝と、第三期の西の側溝の間が芝生(草地)になっており、道路幅12mが視覚的に捉えにくい。
●道路遺構の両側のうぐいす色の部分が弾性舗装の遊歩道。側溝表示の黄色と茶色、遊歩道のうぐいす色と三種類の色の帯状の舗装が隣り合い、何が何だかわからない表示となっている。
●道路が草地で、まわりが舗装という、あべこべな表現になっており、これを見て草地の部分が古代道路だとは誰も思わない。
2010年8月20日21日説明会に出された実施計画図面画像.jpg

2010年8月20日21日説明会に出された実施計画図面.doc

■8月の図面拡大
2010年8月20日21日説明会図面画像拡大.jpg

8月20日21日図面拡大.doc






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

「はやぶさ」が到着した小惑星「イトカワ」に「国分寺」があるんです!! [[トピックス-3]歴史・文化財をめぐる風景]

ちょっと調べ物のために国分寺市のホ-ムペ-ジにアクセスしたところ、上記のタイトルが目に飛び込んできました。
なんのこっちゃ??? イトカワって、今話題沸騰の惑星探査機「はやぶさ」が探査した小惑星ですよね。

イトカワ・・・・ってどこかで聞いた名前だなあと思っていたら、日本の宇宙開発の祖である糸川英夫博士の名前でした。
糸川博士は、国分寺にとってはとても馴染みのある名前です。
1955年、糸川教授は長さ23センチのペンシルロケットを使い、国分寺市本町一丁目にある南部銃製造所跡(現在の早稲田実業学校)において、ペンシルロケット水平発射実験を行いました。これが日本の宇宙開発のスタート。
それで国分寺市は「日本の宇宙開発発祥の地」と言われているのです。
国分寺は、縄文遺跡や、天平時代の武蔵国分寺遺跡ばかりじゃなく、科学の最先端の現場だったという歴史もあるのです。

さて、糸川博士が国分寺で日本発のロケット発射実験を行ったことにちなんで、博士の名前が命名された小惑星「イトカワ」の地名の一つに「国分寺」が命名されたというのです!

詳しくは、国分寺市ホ-ムペ-ジをごらんください。
http://www.city.kokubunji.tokyo.jp/mame/011820.html

惑星イトカワの地名リストも見られます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

東山道遺跡、国史跡へ 武蔵国分寺跡に追加へ [[トピックス-3]歴史・文化財をめぐる風景]

真姿の泉TODAYは、地下水・湧水についての記事とともに、武蔵国分寺の文化財関係の記事も載せておりますが、文化財関係の記事へのアクセスが大変多いようですので、このページの更新が止まっていた間のニュースを遡って掲載いたします。

2010年05月28日付け朝日新聞朝刊多摩版に、「東山道遺跡、国史跡へ 武蔵国分寺跡に追加」の記事が大きくでました
旧四小跡地の東山道武蔵路跡が公園整備されることを受けて、交差点より北側の都指定史跡の部分も含めて、国の史跡に指定される見通し、文化審議会が文部科学大臣に答申した、とのこと。
東山道武蔵路の保存に力をつくされた今井さん(国分寺・名水と歴史的景観を守る会前会長)も、天国でさぞお喜びでしょう。
下に新聞記事を転載しておきます。
国分寺では、国の史跡指定の追加は珍しいことではありませんが、東山道武蔵路は名水の会にとっても関わりの深い遺跡ですので、格別嬉しい気がいたします。
----------
東山道遺跡、国史跡へ 武蔵国分寺跡に追加 (2010年05月28日朝日新聞朝刊多摩版より)

2010東山道武蔵路跡地図.JPG
 天皇の命令を携えた使者、都へ向かう役人、防人などが歩いた古代官道、東山道(とうさんどう)の国分寺市内の遺跡が、国指定史跡「武蔵国分寺跡」に追加指定される見通しとなった。文化審議会が文部科学大臣に答申した。武蔵国分寺が都(みやこ)へと通じる古道と一体で評価されることになる。(相関真樹子)
 武蔵国分寺は、聖武天皇が天平13(741)年に発した詔により、全国に造られた六十余の官立寺院の一つ。南北に走る東山道武蔵路(みち)の東側に僧寺、西側に尼寺が配置された。武蔵国府(役所)にも近く国分寺の立地には理想的な土地で、全国の国分寺に比べても規模の大きい寺院だった。同寺跡は1922年に国の史跡に指定された。
 東山道武蔵路は直線で、幅は12メートル。朝廷の威光を示すために堂々と作られ、全国を結んだ。遺跡=図=は、「国分寺四小入口」交差点より北側がすでに2001年に都の史跡の指定を受けた。東西に側溝を持つ直線道路が発掘調査の後埋め戻され、約500メートルにわたって赤いアスファルトで表示された。側溝のある位置は黄色でわかるようにしてある。遺構のレプリカも展示されている。
 今回の国史跡指定は、四小入口交差点より南側の約60メートルにわたる遺跡が新たに公園として整備されることを受けた。北側の遺跡より、側溝やほかの遺構の保存状態がよかったという。現在、整備工事が進んでおり、11年度から公園として開放される予定だ。
 今回の追加指定を受けて、国指定史跡の「武蔵国分寺跡」の正式名称は「武蔵国分寺跡附(つけたり)東山道武蔵路(みち)跡」と名称が変わることになる。新たに指定される部分を合わせ、史跡となる東山道の全体の面積は約8500平方メートルになる。
 市ふるさと文化財課では「武蔵国分寺跡見学の導線にしたい」と話す。

※東山道 中央集権国家となった日本が国の支配体制を全国に及ぼすため、全国に東海、東山、北陸、山陰、山陽、南海、西海の七つの道を整備した。東山道武蔵路は上野国府(群馬県)、下野国府(栃木県)間から分岐し、武蔵国府を結ぶ道だった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

お薬師さまの避難訓練~文化財防火デー(10/1/26) [[トピックス-3]歴史・文化財をめぐる風景]

毎年1月26日は文化財防火デー。文化財防火デーは、昭和24年1月26日に奈良法隆寺金堂の火災で壁画が焼失したことがきっかけではじまったそうです。
国分寺消防署でも、毎年、文化財防火デーに合わせて管内の指定文化財において消防演習を行っています。

薬師堂の木造薬師如来坐像(国指定重要文化財)を火災から守る訓練として、ハリボテの薬師如来を搬出する訓練があると聞いたので、カメラを持って行ってきました。

開始は10時からですが、9時半過ぎに薬師堂に行くと、薬師堂の後ろ廊下にお薬師人形が座っていらっしゃいました。
20100126防火デ-演習-01.JPG

愛嬌のあるお姿に、思わず微笑んでしまいました。
消防署員の方、「私たちの先輩が作ったんです!」と誇らしそう。
ちょっと触ってみると、しっかりと肉厚で頑丈そうです。
材質はなんでしょう?粘土でしょうか、石膏でしょうか。
なかなかの出来栄えです。
これ、好きだなあ。親しみがもてて、人形だけど、なんだかありがたい感じもします。作った人の人柄が現れているようです。

本物は年に一度だけ、10月10日にご開帳となります。今まで何度か拝見したことがありますが、お薬師人形はほぼ実寸大と見えました。

20100126防火デ-演習-02.JPG

左手にはちゃんと薬壷を持っていらっしゃいます。
20100126防火デ-演習-03.JPG

薬師堂西側の広場には、泉町三丁目連合防災会や元町自治会、西元町二丁目自治会、黒鐘自治会の人たちが大勢集まってきました。
10時に演習開始。

お薬師人形の搬出は、防災会や自治会の市民が担当。
20100126防火デ-演習-04.JPG

薬師堂の後ろ廊下から慎重に降ろされて、しずしずと運ばれていきます。

20100126防火デ-演習-05.JPG

西側広場に搬出され、台の上に鎮座。
20100126防火デ-演習-06.JPG

お薬師さまは無事に避難されました。
20100126防火デ-演習-07.JPG

本物の写真、国分寺市ホームページの文化財紹介のページには見当たらないようです。
ウェブを探してみると、「みちくさ」というブログに本物の木造薬師如来坐像の写真がのっていました。
http://ikenobon.at.webry.info/200910/article_10.html

こうしてみると、確かに、本物の特徴をよくとらえていますね。
というか、本物のお薬師さまがこんなに愛嬌のあるお顔をしているとは今まで気づきませんでした。
ちょっと認識、かわりました。お人形のおかげで、本物にも親しみが湧いてきました。

みちくささんのブログにも、今日の消防演習の模様がのっています。
みちくささん、「国分寺市重要模型文化財薬師如来」と命名されていました。
うまいこと言いますね。

消防演習は、近所の保育園のちびっこたちも見に来ました。
20100126防火デ-演習-08.JPG

この後、薬師堂で放水訓練がありますが、私はハケ下にまわってみました。
今年は、薬師堂と本堂だけでなく、ハケ下の本堂東隣の旧本多邸(武蔵国分寺跡資料館)でも行われました。
お鷹の道から放水訓練。プールにためた水を吸い上げます。

20100126防火デ-演習-09.JPG

元町用水の水源、竹垣の奥にも放水。
20100126防火デ-演習-10.JPG

こちらは、旧本多邸の庭(お鷹の道湧水園)に向かっての放水。
20100126防火デ-演習-11.JPG

長屋門前に大勢の消防士さん。
20100126防火デ-演習-12.JPG

長らく近所に住んでいながら、文化財を守る消防演習は初めて見ました。
文化財防火デーということで、法隆寺など各地の有名なお寺の訓練の模様がテレビで流されましたが、スプリンクラーの作動テストや放水訓練の場面が映るばかりでした。
仏像を運び出す訓練って、やっぱり国分寺ならではなのかも。

本物は木造なので、さぞかし重たいことでしょう。もしも本当に薬師堂が火事になったら、お人形のようには行かないでしょうけれど・・。
1333年、新田義貞軍の放火で当時の国分寺が全焼した際、ご本尊の運び出しはどれだけ大変だったことか。まさに命がけだったことでしょう。
レプリカとは言え、搬出訓練を見学したことで、この仏像を守ってきた歴史が急に身近に感じられるようになりました。これがまさに、訓練の効果なのでしょう。

お薬師さん人形、まさに”重要模型文化財”ですね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

1/14、七重の塔跡から、富士山頂に沈む夕日の撮影に成功! [[トピックス-3]歴史・文化財をめぐる風景]

武蔵国分寺・七重の塔跡から富士山が見えることはあまり知られていないようです。夏場は生い茂る木立の陰になって見えず、晩秋、木々の葉がすっかり落ちてから厳冬期にかけてのわずかな期間だけ、木立の隙間から富士山を望むことができます。春先ともなると、西の空に霞がかかってしまうので、東京から富士山がくっきりと見えるのはこの冬の間だけです。

冬の早朝は、晴れてさえいれば、毎日のようにクッキリと富士山の姿を見ることができますが、午後になると霞んでしまうことが多く、日没時刻にも富士山が見えることは、そう多くはありません。昨日も午後は晴れていたのに、日没直前の時刻になって急に曇ってしまいました。
国分寺から見える富士山頂に夕日が落ちる日は、冬至をはさんで、12月の頭と、1月半ばあたりの2回です。きょう(1/14)がちょうどその日にあたり、日没時刻にも西の空が晴れていたので撮影に成功しました。ハケ下の七重の塔跡からの撮影に成功したのは、私にとってははじめてのことです。

200100114富士山頂夕日-1.JPG

200100114富士山頂夕日-2.JPG

200100114富士山頂夕日-3.JPG

200100114富士山頂夕日-4.JPG

200100114富士山頂夕日-5.JPG

はっきりとした「ダイヤモンド富士」と言えるほどの光線は、カメラでは捉えられませんでしたが、燃えるような夕日が富士山頂に乗っかっていました。
写真で撮るととってもちっちゃいですが、たしかに、大きなまん丸の夕日が富士山頂に乗っかっていました。

明日以降は、富士山の向かって右側の稜線に沿って、夕日が転がり落ちるように沈んで行くのが見えるかもしれません。
すべては夕刻のお天気次第です。

犬と散歩中の女性が、撮影している私の姿を見て足を止め、富士山のほうを不思議そうに眺めていました。そして私に、「あれは富士山ではないですよね?」と声をかけてきました。
何年もこの場所を散歩しているけれど、富士山さんが見えることには今まで気づかなかったとのこと。ここから富士山が見えるとは夢にも思わなかったので、富士山みたいな形の大きな屋根かと思って私に聞いたのだそうです。
ハケ下の場所から、こんなに大きく富士山が見えることにびっくりしていました。
富士山って、本当に不思議な山です。写真に写してしまうととっても小さいのですが、肉眼ではとっても大きく見えるのです。

「七重の塔」と、「国分僧寺の寺院地南西の角」を結ぶラインをずっと延長していくと、ぴったり富士山山頂に到達します。そしてその方角は、冬至の太陽が沈む方角とぴったり一致します。
おそらく七重の塔の位置は、そうなるように選ばれた場所なのだろうと思います。
七重の塔は、真姿の池の真南に位置し、真姿の池と七重の塔をむすぶ正南北ラインを南に延ばして行くと、府中の「坪の宮」という国造を祀る小さな社に到達します。「坪の宮」は東を向いており、その真東の先には大国魂神社の本殿があります。

こうした不思議な配置の中心に七重の塔があるのです。
つまり、七重の塔はそういう場所を選んで建てられた、いわばパワースポットのような場所だったのではないでしょうか。
その七重の塔跡から今でも富士山が見えるのは、ちょっと奇跡的ですよね。

ちなみに、七重の塔と富士山頂を結ぶ線をずっとのばして行くと、伊勢の二見ケ浦の夫婦岩に到達します。夫婦岩は、夏至の前後、岩の間から太陽が昇ることで有名です。
つまり、伊勢神宮と武蔵国分寺は、富士山をはさんで真裏同士の関係だというのは、とっても興味深いことですね。

興味のある方、こちらの地図をのぞいてみてください。
http://maps.google.co.jp/maps/ms?hl=ja&gl=jp&ie=UTF8&oe=UTF8&msa=0&msid=117806467916842607597.0004656cac53b18675c6c&brcurrent=3,0x34674e0fd77f192f:0xf54275d47c665244,1&ll=35.232159,137.927856&spn=2.835597,2.702637&z=8

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問
- | 次の10件 [トピックス-3]歴史・文化財をめぐる風景 ブログトップ