So-net無料ブログ作成
検索選択

▼国分寺崖線裾野の湧水を集めて流れる野川の最源流「真姿の池湧水群」の観測日誌 ▼ガイド・観察日誌・トピックス・インフォ→構成は「サイトマップ」「真姿の泉TODAY index」参照

[観察日誌まとめ]観察日誌 月ごとのまとめ ブログトップ

2010年9月のまとめ [[観察日誌まとめ]観察日誌 月ごとのまとめ]

2010年9月の「真姿の池湧水流水量判定表」をアップしました。
1009真姿の池湧水流水量判定表(畑中).doc

毎月の「真姿の池湧水流水量判定表」はこちらで見られます。
http://databook-1.blog.so-net.ne.jp/2010-07-12

猛烈な暑さと日照りが続いた7月・8月をひきずるように、9月前半は残暑などとよべないほどの酷暑でしたが、後半は一転して雨が多く、終わってみれば月降雨量431.5ミリは9月の降雨量としては観測史上第二位(1977年以来)。通年でも第三位でした(1976年以来)。台風に関連した降雨は9/8の46ミリだけで、台風ではない降雨がこれだけ多かったのははじめてかもしれません。
雨が多かった後半の気温は、日最高気温が35度にのぼった日があるかと思えば、日最高気温が15.8度までしかあがらない日もあり、気温の乱高下が特徴的でした。

真姿の池湧水第一堰は、雨が少なかった前半は、かろうじて2筋という少なさでしたが、周辺の湧水はここまで激減してはいませんでした。
そうなるとやはり、2008年春の湧水源改修工事の際、湧出口の下を深く掘りすぎたことが原因となった崩落が影響しているのではないでしょうか。
水口の下の層が崩落したことによって、真姿の池湧水固有の地下水が下へ落ちてしまい、一層下の水みちにはいって、水路下の貯水層に直接流入しているのではないかという疑いがますます濃くなったといえそうです。

本来、どんな日照りでも涸れないことで知られていた真姿の池湧水が、いまや、周辺の湧水に比べて、渇水期に激減してしまう湧水となってしまいました。
2004年の崖上マンション工事の影響については、2008年春の湧水源改修工事の影響の陰にかくれて、わからなくなってしまいました。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2010年8月のまとめ [[観察日誌まとめ]観察日誌 月ごとのまとめ]

2010年8月の「真姿の池湧水流水量判定表」をアップしました。
1008真姿の池湧水流水量判定表(畑中).doc

毎月の「真姿の池湧水流水量判定表」はこちらで見られます。
http://databook-1.blog.so-net.ne.jp/2010-07-12

月降水量はわずかに51ミリ。これは月降水量の少ない方から4番目の記録。(1977年8月以来)
真姿の池湧水第一堰は、か細い2筋にまで減り、2003年末の観測開始以来、8月としては最も少なくなりました。
しかし、他の観測ポイントでは、少雨のために減ってはいますが、真姿の池湧水第一堰ほどの激減は見られず、真姿の池湧水第一堰だけが突出して少なくなっています。

この8月は「歴史的酷暑」と評されるほどの酷暑。
8/16の日最高気温37.2度は、8月としては第6位、翌8/17の36.8度は第9位。(1977年8月以来)
34年間の第10位までに2日もはいっています。
日最高気温が35度を超える猛暑日は9日間。

8/17の日最低気温27.3度は、高いほうから第3位。.
日最低気温が25度以上の熱帯夜は15日間。

月平均気温28.7は高いほうから第1位。
日平均気温が30度以上だった日も3日間ありました。

月間日照時間237.8時間も多いほうから第1位。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2008年10月のまとめ [[観察日誌まとめ]観察日誌 月ごとのまとめ]

■流水量判定表(2008年10月)
0810.GIF
※表クリックで拡大。拡大画像の右下角にポインタをあてると「実寸大」に拡大するマ-クがあらわれます。

■真姿の池湧水 毎週の写真(2008年10月)
20081005-1.jpg
2008年10月5日(日)▼流水量指数:9-▼水深:140mm↑

20081012-1.jpg
2008年10月12日(日)▼流水量指数:8▼水深:140mm↓

20081019-1.jpg
2008年10月19日(日)▼流水量指数:7+▼水深:130mm↑

20081028-1畑中.JPG
2008年10月28日(火)▼流水量指数:8-▼水深:130mm↓

■観測時刻
7:30~14:30(10:00~11:00中心)

■気象
・気温(観測時):13.8℃~24℃
・月降雨量:133.5mm(10月の平均月降雨量:153.3mm)

今年は台風が日本にひとつも上陸していないのに雨が多い。
10月の降雨量は平均月降雨量を少し下回ったが、年初から10月末までの降雨量合計は1839ミリに達し、年降雨量の平均1476.2ミリを大きく上回っている。

1976年からの統計で、年降雨量の第一位は1998年の2030ミリ。
第二位は1991年の1935ミリ。
第三位は2006年の1854ミリ。

残り11月と12月の二ヶ月で平年並みの降雨(11月:93ミリ、12月:35.9ミリ)があれば、年降雨量の第2位以上となる。

過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


■真姿の池湧水
・第一堰:7筋~9筋 「7-」~「9-」 
・第二堰:8筋
・水温(第二堰上):17.3℃~17.6℃
・水深(第二堰上):130mm↓~145mm↓
10/18から1ミリ単位の計測を開始(10月中は計測器の改良と計測の練習)
・擁壁下湧出口:全体に水流が弱まって行ったが、東端角からの水流が他と比べて強いまま。

<所見>
▼万葉植物園湧水水路は、まとまった雨が降ればすぐに水位が上がり、雨が降らなければ毎日少しずつ水位が下がるというように、雨に対して非常に素直に反応している。
これに対して、真姿の池湧水は、まとまった雨が降っても水路の水位が上がらない、または下がってしまうこともあり、かと思えば、雨も降らないのに水位が上がったりなど、複雑な変動が見られる。
複雑になる一因として、弁財天の池への導水量が増やされたり減らされたりすることもあるが、導水量が一定している時でも複雑な変動をすることがある。
真姿の池湧水には、水質の異なる3つの湧き口があるが、それぞれの水みちの涵養域の広さや長さが異なることによって、降雨に対する反応が複雑になっているのかもしれない。
加えて、真姿の池湧水の「北西からの水みち」には、武蔵国分寺公園内の大規模雨水浸透施設があり、「北からの水みち」には、崖上マンションの大規模雨水浸透施設があるため、自然降雨よりも、雨水浸透施設からの浸透水に大きく左右されるようになっているのかも知れない。

▼擁壁下東端角からの水流、随分弱くなってきたとはいえ、他と比べると依然として一番強い。この場所は、本来の一番東の湧出口がある場所とずれているようだし、本来、一番湧出量が多いはずの中央の湧出口よりも量が多いのは不思議だ。
ハケ上涵養域の地形は、南が低く、かつ、東が低いので、豊水期は地下水の分水嶺を越流して東へ流れる分量が増える、ということがいわれている。なので、東側の湧出が増えること自体は自然だが、中央よりも多いというのは不自然なことのように思う。

▼10月の水路水深は月初に145ミリ、月末に130ミリと15ミリ下がっているが、第一堰からの流水は8筋が長く続いた。
8月下旬の連続的なゲリラ降雨で湧出量が一気に増えた時は、第一堰5筋に対して水路水深130ミリ、6筋に対して145ミリ、8筋に対して150ミリだったが、湧出量の減少過程においては、水路水深が130ミリまで下がっても第一堰からは8筋の流出が見られる。
これは、大量湧出の時期が長く続いた後、降雨が落ち着き、湧出量が少しずつ減少して行く過程でしばしば見られる現象。
2004年12月から2005年1月にかけて、同様の現象が見られた。

■弁財天の池
・池と池奥(崖沿い)水路の濁りが続いているが、ほぼ毎朝、池の橋の南側に撒かれる大量のパン屑が原因らしい。パン屑があらかた食べつくされた後でも、油膜が水面に広がっている。

■万葉植物園湧水
・石橋たもとの擬木(洗濯場の堰の上流)水面に出ている長さ:229mm~258mm
1ヶ月間に水位が約3センチ下がっている。

・洗濯場の堰(元町用水):洗濯場の堰の下のたたきの部分がしばしば冠水。上流側の水位が下がっているのに、冠水の度合いが大きくなることがあるが、これは洗濯場下流の金網に落ち葉がたくさんひっかかって水位を上げているためと判明。
金網がはずれかけているので、ここは触らないことにした。
洗濯場の堰の上流で水位計測をする際、洗濯場の堰の落ち葉は取り除いてから計測を行うようにしている。

・石樋(植物園内):10月下旬から樋の両側の溢れがなくなり、背後の滝2筋も減少。10月末には背後の滝の向かって右側の流れが見えなくなった。

■リオン湧水
・元町用水に大量に流入が続いていいる。
・道路下土管出口付近の川幅:120cm~126cm

真姿の池湧水が10月にはいってから減少し、水路水深は月初から月末までに15ミリ下がったのに対し、リオン湧水は水路川幅を見る限り、月初と月末の差がない。(減少していない)
リオン湧水は真姿の池湧水の東側にあるため、豊水期は地下水の分水嶺を越流した水がこちらに流れてくることが考えられる。そのために、豊水期の湧出量の増加の度合いが大きいことは自然だが、真姿の池湧水のほうが減少しているのにリオン湧水が長く減少しなかったというのは、どうも自然なことのようには思えない。
崖上マンション建設が始まる前から、この場所に基礎杭が打ち込まれると、地下水の流れが東に向かうようになるのではないかということが言われてきたが、たしかに、現在の真姿の池湧水とリオン湧水の増減を見ると、そういうことが起きているのかもしれないと思える。

これから少雨期にはいってリオン湧水がどのように減少して行くか、変動のプロセスに注目したい。

コメント(0) 

2008年9月のまとめ [[観察日誌まとめ]観察日誌 月ごとのまとめ]

■流出量判定表(2008年9月)
0809.GIF
※表クリックで拡大。拡大画像の右下角にポインタをあてると「実寸大」に拡大するマ-クがあらわれます。

■真姿の池湧水 毎週の写真
20080907-1.jpg
2008年9月7日(日)▼流水量指数:10▼水深:155mm

20080914-1.jpg
2008年9月14日(日)▼流水量指数:9-▼水深:145mm

20080921-1.jpg
2008年9月21日(日)▼流水量指数:8▼水深:140mm

20080928-1.jpg
2008年9月28日(日)▼流水量指数:9-▼水深:145mm

■観測時刻
8:00~17:00(9:30~10:30中心)

■気象
・気温(観測時):17.8℃~28.9℃
・月降雨量:280.5mm (9月の平均月降雨量:223.7mm)

年初から9月末までの降雨量合計が1705.5ミリとなり、年降雨量の平均1476.2ミリを既に大きく上回っている。残り10月、11月、12月の三ヶ月で平年並みの280ミリがあれば、年降雨量の多い年の2~3位に踊り出る。

過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


■真姿の池湧水
・第一堰:8筋~10筋 流水量指数:「8」~「10」  
・第二堰:8筋~9筋
・水温(第二堰上):17.4℃~17.6℃
・水深(第二堰上):140mm~160mm

<所見>
▼前月の8月の月降雨量が多く、9月の降雨量も多かったため、1ヶ月を通して、湧出量が極めて多かった。
府中8月の月降雨量424mmは、史上3位。うち8/23から月末までの8日間に392.5mm。

▼擁壁下東端の角からの噴出は、前月8月29日ごろから目立つようになり、9月にはいると、まるで内圧がかかっているかのように勢いが強くなった。本来の東側湧出口よりもさらに東。改修工事以降、ここから湧出するようになった。

▼擁壁中央部分の波紋が弱い。流水量指数が「10」、水路水深が155ミリ以上の時は、波紋の弱い箇所は目立たなくなり、ほぼ全面切れ目なく水流が見えていたが、湧出量が少し減ってくると波紋の弱い箇所が広がってくる。

▼9/ 2と9/3に、水路東岸上に湧出が見られた。
水路東岸上に湧出が見られたのは、2004年の秋以来。
2004年の時は、10/10に水路水深が180ミリを記録した時に岸上の湧出がはじまり、10/17に水路水深が160ミリまで減ったところで、岸上の湧出は消滅。
10/20にも台風23号が来て、翌10/21、水路水深が175ミリとなった時、再び岸上の湧出がはじまり、10/28に水路水深が160ミリとなった時に、岸上の湧出が消滅。

今回は、9/2水路水深が160ミリになった時、岸上の湧出がはじまった。9/3の水路の水深は155ミリ強だったが、まだ岸上は湧出していた。翌9/4、水路水深が155ミリを下回った時に、岸上の湧出は止まった。
2004年の時、岸上の湧出が止まった時の水路水深160ミリで、今回は湧出が始まったという微妙な食い違いがある。

こんなことからも、正味の地下水量に対して、東側の地下水位が上がりやすくなっているような気がする。
改修工事以降、西側から排出されるべき地下水がうまく排出されずに東側にまわってしまい、東側の排出処理能力以上の地下水が供給されるため、地下水位が上がりやすくなっているのではないか、という風に考えているが、今後の様子を注意して観察してゆきたい。

■弁財天の池
・池、池奥(崖沿い)水路の濁りが続いた。
・池奥(崖沿い)水路の崖側から湧出していたと思われる。

■万葉植物園湧水
・洗濯場の堰(元町用水):洗濯場のたたきがたびたび冠水していた
・石橋たもとの擬木(洗濯場の堰の上流)水面に出ている長さ:220mm~235mm
・竹垣下(元町用水起点):S字に蛇行するような流れ方が続いている。
・石樋(植物園内):1ヶ月の大半、樋の両側に溢れていた。背後の滝2筋、大量。

<所見>
石橋たもとの擬木の頭から水面の長さが小さくなるほど、水路水位は高い。
9月初旬より試行をはじめ、中旬以降は測定方法が安定してきた。真姿の池湧水水路の水位と、元町用水石橋たもとの水位はよく連動しているようだが、洗濯場堰下のたたきの部分の冠水面積が増えているのに元町用水石橋たもとの水位が低くなっていることがある。
洗濯場たたきの下流の堰に落ち葉やゴミが溜まっている様子もないので、この原因はよくわからないが、洗濯場堰下に、どこからか別の水が流れこんでいるのかもしれない。

■リオン湧水
・元町用水に大量に流入
・道路下土管出口付近の川幅:110cm~130cm(真姿の池湧水・植物園湧水が減り始めても、リオン湧水は増え続けた)

[観察日誌まとめ]観察日誌 月ごとのまとめ ブログトップ