So-net無料ブログ作成
検索選択

▼国分寺崖線裾野の湧水を集めて流れる野川の最源流「真姿の池湧水群」の観測日誌 ▼ガイド・観察日誌・トピックス・インフォ→構成は「サイトマップ」「真姿の泉TODAY index」参照

[観察日誌-1]本日の真姿の泉08年8月~12月 ブログトップ
前の10件 | -

2008年12月31日(水) [[観察日誌-1]本日の真姿の泉08年8月~12月]

観測は休みました。

■気象
・天気:晴れ
・降雨量:0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


コメント(0) 

2008年12月30日(火) [[観察日誌-1]本日の真姿の泉08年8月~12月]

観測は休みました。

■気象
・天気:曇り
・降雨量:0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


コメント(0) 

2008年12月29日(月) [[観察日誌-1]本日の真姿の泉08年8月~12月]

本日は観測を休みました。
昨日分(12/28)の、真姿の池湧水第一堰の写真をアップしました。

■気象
・天気:晴れ
・降雨量:0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


コメント(0) 

2008年12月28日(日) [[観察日誌-1]本日の真姿の泉08年8月~12月]

■観測時刻
9:00

■気象
・天気:晴れ
・気温(観測時):5.4℃
・降雨量:0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


■真姿の池湧水
・擁壁下湧出口:全体に水流は極めて弱い。水流の見え方は昨日と同様。
(1)東端角に弱い水流
(2)角から20センチくらい西に1筋。
(3)東端角から西へ40センチから60センチの範囲に細い水流が寄り固まって幅広に見える。幅は20センチほど。
(4)東端角から西へ60センチから80センチの範囲に細い水流が寄り固まって幅広に見える。幅は20センチくらい。
(5)さらに玉石ひとつ分(20センチくらい)西にかすかな水流。
(6)そこから50センチほど西に離れた場所に、幾筋かのかすかな水流が幅10センチほど寄り固まっている。かすかな水流は、光線の当たり方や角度が少しずれただけで見えなくなる。砂糖が水に溶けるような感じのごく弱い水流。
(7)さらにその西側は第一堰までグルリと、水流が確認できない。

・第一堰:4筋 (4-) 擬木の a (b) (d) f から流水。(b)は極細、(d)も細い。

・第二堰:7筋 西側3筋は細い。その東側4筋のうち、西から2筋は太く、東側の2筋は中太。
第一堰の4筋と見比べると、あきらかに水量が多い。

・水温(第二堰上):17.1℃
・水深(第二堰上):100mm↑ (前日:105mm↓)
1ミリ単位の計測:102mm (前日:103mm) 
20081228-01.jpg

■弁財天の池
・池から隣家水路へのオ-バ-フロ-:観察せず。
・池:濁りなくきれい。
・池奥(崖沿い)水路:観察せず。

弁財天の社の賽銭箱の掃除をしていたため、社の裏手にまわるのは遠慮した。

■万葉植物園湧水
・洗濯場の堰(元町用水):たたきの下6センチあたりに水面。下流の金網、撤去されたまま。

・石橋たもとの擬木(洗濯場の堰の上流)水面に出ている長さ。296mm (前々日:296mm)

昨日は、洗濯場の堰に透明のポリ袋が1枚ひっかかっていたため、水路の水位が上がっていたが、今日は、一昨日12/26と同じ296ミリに落ち着いていた。

・石樋(植物園内):樋からの溢れはないが、溢れる寸前。
樋の右側の背後の滝、向かって左側は少量。右側は微量。
樋の左側の背後の滝、 少量。

■リオン湧水
・元町用水への流入、量は少ないが、しっかりと流れている。
・道路下土管出口付近の川幅:115cm (前回12/26:114cm)

コメント(0) 

2008年12月27日(土) [[観察日誌-1]本日の真姿の泉08年8月~12月]

■観測時刻
9:30

■気象
・天気:晴れ
・気温(観測時):4.3℃
・降雨量:0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


■真姿の池湧水
・擁壁下湧出口:全体に水流は極めて弱い。水流の見え方は昨日と少し変わっている。
(1)東端角に弱い水流
(2)角から20センチくらい西に1筋。
(3)東端角から西へ40センチから60センチの範囲に細い水流が寄り固まって幅広に見える。幅は20センチほど。(昨日はこの部分が一筋のみだったが、幅が広がっている)
(4)東端角から西へ60センチから80センチの範囲に細い水流が寄り固まって幅広に見える。幅は20センチくらい。
(5)さらに玉石ひとつ分(20センチくらい)西にかすかな水流。
(6)そこから50センチほど西に離れた場所に、幾筋かのかすかな水流が幅10センチほど寄り固まっている。かすかな水流は、光線の当たり方や角度が少しずれただけで見えなくなる。砂糖が水に溶けるような感じのごく弱い水流。
(7)さらにその西側は第一堰までグルリと、水流が確認できない。

・第一堰:4筋 (4-) 擬木の a (b) (d) f から流水。(b)(d)ともに細い。

・第二堰:7筋 西側3筋は細い。その東側4筋のうち、西から2筋は太く、東側の2筋は中太。
第一堰の4筋と見比べると、あきらかに水量が多い。

・水温(第二堰上):17.1℃
・水深(第二堰上):105mm↓ (前日:105mm↓)
1ミリ単位の計測:103mm (前日:103mm) 

■弁財天の池
・池から隣家水路へのオ-バ-フロ-:あり。越流箇所の水位、高い。
・池 池奥(崖沿い)水路:ともに濁りなくきれい。
橋の北側の池の中央、コイが3~4匹、さかんに池底に頭を突っ込んでいる。何の行動なのかはわからない。

■万葉植物園湧水
・洗濯場の堰(元町用水):たたきの下6センチあたりに水面。下流の金網、撤去されたまま。

・石橋たもとの擬木(洗濯場の堰の上流)水面に出ている長さ:※294mm参考値 (前日:296mm)

雨が降っていないのに、水路の水位が2ミリ上がっていたため、下流側水路を調べてみると、洗濯場の堰に透明のポリ袋が1枚ひっかかっていた。12/22の観察時にもス-パ-のレジ袋と菓子袋が捨てられていたので拾って帰って家で処分。
以前はこんなことはなかったのだが。誰が捨てているのだろうか。元町用水が竹垣の下から出てくる箇所から洗濯場の堰までは、ごく短い距離。ゴミを捨てるとすれば石橋の上から以外に場所がないが、わざわざ水路に捨てるってどういうことだろう。
竹垣の奥は旧本多市長邸で、現在、文化財拠点開設のために整備中。工事の人が毎日立ち入っている。まさか水路にス-パ-のレジ袋など捨てないとは思うが・・・。

きょうは時間がなかったので、再計測はしなかった。数値は参考値とする。

・石樋(植物園内):樋からの溢れはないが、溢れる寸前。
樋の右側の背後の滝、向かって左側は少量。右側は微量。
樋の左側の背後の滝、 微量。

コメント(0) 

2008年12月26日(金) [[観察日誌-1]本日の真姿の泉08年8月~12月]

■観測時刻
12:30(所用のため、午後からの観測)

■気象
・天気:晴れ
・気温(観測時):8.1℃
・降雨量:0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


■真姿の池湧水
・擁壁下湧出口:観測が午後からとなったため、いつもの午前中とは光線の具合が違っていて、水流の様子がやや見難いが、全体に水流は極めて弱く、水流の見え方は一昨日と変わっていない模様。
(1)東端角に弱い水流
(2)角から20センチくらい西に1筋。
(3)東端角から西へ40センチあたりに1筋、細い水流が見える。
(4)東端角から西へ60センチから80センチの範囲に細い水流が寄り固まって幅広に見える。幅は20センチくらい。
(5)さらに玉石ひとつ分(20センチくらい)西にかすかな水流。
(6)そこから50センチほど西に離れた場所に、幾筋かのかすかな水流が幅10センチほど寄り固まっている。かすかな水流は、光線の当たり方や角度が少しずれただけで見えなくなる。砂糖が水に溶けるような感じのごく弱い水流。
(7)さらにその西側は第一堰までグルリと、水流が確認できない。

・第一堰:4筋 (4-) 擬木の a (b) (d) f から流水。(b)は極めて細く、したたる程度。(d)も細い。
・第二堰:7筋 西側3筋は細い。その東側4筋のうち、西から2筋は太く、東側の2筋は中太。
第一堰の4筋と見比べると、あきらかに水量が多い。

・水温(第二堰上):17.1℃
・水深(第二堰上):105mm↓ (前々日:100mm↑)
1ミリ単位の計測:103mm (前々日:102mm) 

第一堰からの流水は、一昨日よりも(b)が細くなっていたが、第二堰上の水路水深は1ミリ増。

■弁財天の池
・池から隣家水路へのオ-バ-フロ-:あり。越流箇所の水位、高い。
・池 池奥(崖沿い)水路:ともに濁りなくきれい。

■万葉植物園湧水
・洗濯場の堰(元町用水):たたきの下6センチあたりに水面。下流の金網、撤去されたまま。

・石橋たもとの擬木(洗濯場の堰の上流)水面に出ている長さ:296mm (前々日:292mm)
水路水位、一昨日よりも4ミリ下がっている。

・石樋(植物園内):樋の中の水面、フチよりも少し下がっている。
樋の右側の背後の滝、向かって左側は少量。右側は微量。
樋の左側の背後の滝、 少量。

■リオン湧水
・元町用水への流入、量は少ないがしっかりと流れている。
・道路下土管出口付近の川幅:114cm (前回12/24:114cm)

コメント(0) 

2008年12月25日(木) [[観察日誌-1]本日の真姿の泉08年8月~12月]

所用のため、観測は休みました。

■気象
・天気:晴れ
・降雨量:0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


コメント(0) 

2008年12月24日(水) [[観察日誌-1]本日の真姿の泉08年8月~12月]

■観測時刻
13:15(午前中所用のため、午後からの観察)

■気象
・天気:曇り
・気温(観測時):10.6℃
・降雨量:0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


■真姿の池湧水
・擁壁下湧出口:全体に水流は極めて弱い。水流の見え方が、一昨日と一部かわっていた。
(1)東端角に弱い水流
(2)角から20センチくらい西に1筋。
(3)一昨日まで、東端角から西へ40センチから60センチの範囲に細い水流が寄り固まって、20センチほどの幅広に見えていたが、今日は1筋、細い水流が見えるのみ。
(4)東端角から西へ60センチから80センチの範囲に細い水流が寄り固まって幅広に見える。幅は20センチくらい。
(5)さらに玉石ひとつ分(20センチくらい)西にかすかな水流。
(6)そこから50センチほど西に離れた場所に、幾筋かのかすかな水流が幅10センチほど寄り固まっている。かすかな水流は、光線の当たり方や角度が少しずれただけで見えなくなる。砂糖が水に溶けるような感じのごく弱い水流。
(7)さらにその西側は第一堰までグルリと、水流が確認できない。

・第一堰:4筋 (4-) 擬木の a (b) (d) f から流水。(b)(d)ともに細い。
・第二堰:7筋 西側3筋は細い。その東側4筋のうち、西から2筋は太く、東側の2筋は中太。
第一堰の4筋と見比べると、あきらかに水量が多い。

・水温(第二堰上):17.4℃
・水深(第二堰上):100mm↑ (前々日:105mm↓)
1ミリ単位の計測:102mm (前々日:103mm) 

一昨日の12/22、8.5ミリの降雨があったが、水路水深は1ミリ減。

■弁財天の池
・池から隣家水路へのオ-バ-フロ-:あり。越流箇所の水位、高い。
・池 池奥(崖沿い)水路:ともに濁りなくきれい。

■万葉植物園湧水
・洗濯場の堰(元町用水):たたきの下6センチあたりに水面。下流の金網、撤去されたまま。

・石橋たもとの擬木(洗濯場の堰の上流)水面に出ている長さ:292mm (前々日:289mm)
こちらも、水路水位が一昨日よりも下がって、3ミリ減。

・石樋(植物園内):樋からの溢れはないが、溢れる寸前。
樋の右側の背後の滝、向かって左側は少量。右側は微量。
樋の左側の背後の滝、 微量。
石樋の水量も、一昨日より少し減っているよう。

■リオン湧水
・元町用水への流入、量は減っているがしっかりとした流れが見える。
・道路下土管出口付近の川幅:114cm (前回12/19:121cm)

コメント(0) 

2008年12月23日(火) [[観察日誌-1]本日の真姿の泉08年8月~12月]

所用のため、観測は休みました。
それにしても、この年末は忙しい・・・。

■気象
・天気:晴れ
・降雨量:0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=



コメント(0) 

2008年12月22日(月) [[観察日誌-1]本日の真姿の泉08年8月~12月]

■観測時刻
9:00

■気象
・天気:晴れのち曇りのち雨
・気温(観測時):16℃
・降雨量:8.5mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


■真姿の池湧水
・擁壁下湧出口:全体に水流は極めて弱い。水流の見え方は一昨日と変わらない。
(1)東端角に弱い水流
(2)角から20センチくらい西に1筋。
(3)東端角から西へ40センチから60センチの範囲に細い水流が寄り固まって幅広に見える。幅は20センチほど。
(4)東端角から西へ60センチから80センチの範囲に細い水流が寄り固まって幅広に見える。幅は20センチくらい。
(5)さらに玉石ひとつ分(20センチくらい)西にかすかな水流を確認。
(6)そこから50センチほど西に離れた場所に、幾筋かのかすかな水流が幅10センチほど寄り固まっている。かすかな水流は、光線の当たり方や角度が少しずれただけで見えなくなる。砂糖が水に溶けるような感じのごく弱い水流。
(7)さらにその西側は第一堰までグルリと、水流が確認できない。

・第一堰:4筋 (4-) 擬木の a (b) (d) f から流水。(b)(d)ともに非常に細い。
・第二堰:7筋 西側3筋は細い。その東側4筋のうち、西から3筋は太く、一番東側の一筋が細い。

・水温(第二堰上):17.2℃
・水深(第二堰上):105mm↓ (前々日:105mm↓)
1ミリ単位の計測:103mm (前々日:104mm) 

■弁財天の池
・池から隣家水路へのオ-バ-フロ-:あり。越流箇所の水位、高い。
・池 池奥(崖沿い)水路:濁りなくきれい。

■万葉植物園湧水
・洗濯場の堰(元町用水):たたきの下6センチあたりに水面。下流の金網、撤去されたまま。

・石橋たもとの擬木(洗濯場の堰の上流)水面に出ている長さ:289mm (前々日:291mm)
最初に計測した時は283mmと、前々日より8ミリも水位が上がっていた。
これはおかしいと思って水路下流側を調べてみると、洗濯場の堰の上にス-パ-のレジ袋が2枚とお菓子の袋が1枚、捨てられていた。
袋類を取り除くと、袋によってせき止められていた落ち葉が、勢いよく堰の下に流れた。
この状態で計測しなおすと、289mmとなった。

袋が3枚、水路に間違えて落とした枚数ではない。明らかに、水路に捨てたのだろう。
拾った袋は持ち帰って自宅で処分。

・石樋(植物園内):樋の根元側半分が溢れている。
樋の右側の背後の滝、向かって左側は中量。右側は微量。
樋の左側の背後の滝、少量。

コメント(0) 
前の10件 | - [観察日誌-1]本日の真姿の泉08年8月~12月 ブログトップ