So-net無料ブログ作成

▼国分寺崖線裾野の湧水を集めて流れる野川の最源流「真姿の池湧水群」の観測日誌 ▼ガイド・観察日誌・トピックス・インフォ→構成は「サイトマップ」「真姿の泉TODAY index」参照

[ガイド-2]観察会の取り組み・湧出量判定の工夫 ブログトップ

真姿のいずみ観察会の活動 [[ガイド-2]観察会の取り組み・湧出量判定の工夫]

-目次-

■湧水観測への取り組み
■観測内容
■観測を市民の手で!・・・市民にできる観測方法とは
■独自の湧出量判定方法の開拓
 ・第一堰の特徴
 ・流水量指数
 ・擬木の隙間から流れ落ちる順番
 ・記録方法と成果
 ・目視による観測の効用
■毎週の定点写真撮影について
 ・「国分寺・名水と歴史的景観を守る会」の紹介
■記録の公開


本文を読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

観測場所 [[ガイド-2]観察会の取り組み・湧出量判定の工夫]

■観測場所と観測内容
湧水観測ポイント.GIF
観測・撮影ポイント地図・・・・・地図クリックで拡大


■観測場所の画像

●真姿の池湧水(真姿の泉)・・・第一堰・第二堰・水深計測ポイント
真姿の池湧水水路と堰.JPG

●弁財天の池(真姿の池)
弁財天の池.JPG

●洗濯場の堰(元町用水)
洗濯場の堰.jpg

●石橋と石橋たもとの擬木(元町用水・お鷹の道起点)
石橋.JPG

●万葉植物園石樋
植物園湧水石樋.JPG

●ナガエミクリ自生地(元町用水)
ナガエミクリ自生地.jpg

●リオン湧水と元町用水
リオン湧水と元町用水.JPG

●リオン湧水・道路下土管出口
リオン湧水川幅計測地.JPG


nice!(0)  コメント(0) 

湧出量の判定と記録方法 [[ガイド-2]観察会の取り組み・湧出量判定の工夫]

■真姿の池湧水の流量判定と記録方法

●第一堰擬木のどの隙間から流出しているかを記録する。
第一堰擬木配列図.gif
第一堰擬木配列図・・・・・・図クリックで拡大


※参考:流出箇所の順番
アルファベットの箇所は一定、カタカナの箇所は時々順番がかわる。
下は、これまで見られたパタ-ン
 パタ-ン1・・・・・・f a d b e c ウ ア オ イ エ カ 
 パタ-ン2・・・・・・f a d b e c ア オ ウ イ カ
 パタ-ン3・・・・・・f a d b e c ア ウ オ イ カ
 パタ-ン4・・・・・・f a d b e c ア ウ エ イ
 パタ-ン5・・・・・・f a d b e c ア ウ イ エ

●「流水量指数」の判定
「擬木隙間からの流出の本数」と「流水の強さ(太さ)」を判定して記録する。
流量測定の目安.GIF
水勢の判定(レベル分け)の目安・・・・・・図クリックで拡大

留意点:強風の日や晩秋には落葉が擬木の間にはさまっている場合があり、また水汲みの人が石を詰めて水を汲み易くしていることもある。それによって前日までの数値と比較して不自然な数値が出ることもあるが、そのままの数値を記録してきた。
擬木の場所によっては、僅かにしみ出るほどの流水が見られることもあるが、それらの現象は流水なしとみなした。

●水深計測
第1堰と第2堰の間に設置されている2か所の鉄格子の下流のほうの鉄格子の西南角に、巻尺または物差しを垂直に立てて数値を読み取る。
1ミリ単位での測定が困難であるため、5ミリ単位で数値を記録。(表にまとめた時、かえって傾向がわかりやすいという利点がある)2捨3入、たとえば112ミリのときは110とし、113ミリは115としている。

留意点:流量測定の場合と同じく、第2堰の擬木にも落葉や石がはさまって、異常数値を示すことがある。雨が降らなかったにもかかわらず、前日数値より10ミリ以上多い数値の場合は必ず異物の存在が認められる。出来る限り異物を取り除いてから水深を計測する。


■万葉植物園湧水の流量判定と記録方法
●石橋付近での水位変化の記録(2008年9月から試行)
擬木の頭から水面までの長さを計測して記録。(水路水位の相対的変化を記録)

■リオン湧水の流量判定と記録方法
●自然流路の川幅の変化の記録(2008年9月から試行)

nice!(0)  コメント(0) 
[ガイド-2]観察会の取り組み・湧出量判定の工夫 ブログトップ