So-net無料ブログ作成

▼国分寺崖線裾野の湧水を集めて流れる野川の最源流「真姿の池湧水群」の観測日誌 ▼ガイド・観察日誌・トピックス・インフォ→構成は「サイトマップ」「真姿の泉TODAY index」参照

「国分寺たいようアート展」でつばさフレンズが演奏します(2011.12.6~12.7開催) [インフォメ-ション&レポート]

国分寺市障害者センターと東京経済大学尾崎ゼミのコラボ事業「国分寺たいようアート展」が、12月6日と7日の二日間にわたって、国分寺駅ビル8階のLホールで開催されます。

国分寺市障害者センターと東京経済大学尾崎ゼミは3年間にわたって、共同で様々な活動をしていますが、その集大成として開催される展示会です。
国分寺市内に暮らす障がいのある方が作った作品や活動を一人でも多くの方に知ってもらうために企画されました。
--------------
日時:2011年12月6日(火)12時~20時  12月7日(水)10時~18時
場所:国分寺エル8階 Lホール
入場無料
<展示内容>
タイルモザイク ストラップ 革工芸 さをり織り 陶芸品 スウィーツ さをり織り体験 革工芸など体験 スライドショー(どーむの活動)
----------------
たいようアート展ちらし表(画像).jpg

たいようアート展ちらし裏(画像).jpg

さて、このアート展で、「つばさフレンズ」が約一時間のステージをつとめることになりました。
OH!ジーンズのリーダーで尺八の大畠良則は自身も視覚障害者ですが、国分寺市障害者センターの「声とこころのリハビリ民謡教室」の講師をつとめ、その講座の参加者のみなさんが「つばさフレンズ」です。

つばさフレンズのみなさんの公演の時には、OH!ジーンズのメンバーがバックバンドとしてお手伝いをさせていただいています。
今回は、アート展の初日、12月6日(火)の午後2時から一時間ほどの演奏です。
これまでは、10分とか20分とか30分とか、短い出演は数多くこなしてきましたが、1時間という長丁場ははじめてのこと。

でも、レパートリーはいっぱいあります。
今日はその中から、みなさんの得意な10曲あまりをまず選び出しました。
これまでのコンサートでは、1曲の中で一番、二番、三番を別の人がメインボーカルとしてマイクの前で歌い、ほかの人はバックで一緒に歌うというカタチでしたが、今回は10曲以上歌えるので、大畠先生の提案で、一人一曲、最初から最後までメインボーカルをつとめることに初挑戦となりました。

大畠さんが「この曲、メインボーカルやってくれる人!」と呼びかけると、みなさん次々に名乗りをあげられ、メインボーカルが次々に決まって行きます。
そして、ソーラン節、武田節、新相馬節、江差馬子唄、九州炭坑節、国分寺音頭、東京音頭など、全11曲とメインボーカルが決まりました。

曲と歌手が決まったらさっそく練習開始、約1時間かけてすべての曲を歌いきりました。

単独グループで1時間の公演って大変なことです。
これをこなせるというのは、本当にすごいこと。
私も、みなさんのパワーのおすそ分けをしてもらいました。
このところ、いろいろトラブル続きで少々まいっておりましたが、そんなことどうでもよくなったわ~

つばさフレンズのみなさんのライブは、アート展の初日、12月6日(火)の午後2時から一時間ほど。
みなさま、ぜひ、聴きにきてくださいね。
アート展もどうぞじっくりご覧ください。

ご紹介したチラシには、つばさフレンズのライブが書かれていませんが、別途、チラシを作ってくださるそうです。
出来上がったらまたご紹介させていただきます。

チラシ(PDF版)はこちらから:
たいようアート展ちらし表(PDF).pdf

たいようアート展ちらし裏(PDF).pdf

nice!(11)  コメント(7) 
共通テーマ:学問

74報~ギャラリーウノヴィック主催チャリティーフリーマーケット(2011.11.20開催)のご案内 [東京・国分寺市から~東日本大震災ルポ]

お友達のギャラリーウノヴィックさん(一級建築事務所 古布の衣服・小物ギャラリー)が、11/20にギャラリー駐車場で開催するチャリティーフリーマーケットに、私どものコンサートチラシと、佐藤信一の写真集「南三陸から 2011.3.11~2011.9.11」のチラシを置いてくださることになりました。

持つべきものは友!ありがたいことです。

以下、ギャラリーウノヴィックさんのチャリティーフリーマーケットのご案内です。
-------------
チャリティーフリーマーケットのお知らせ
3月11日の東日本大震災で大きな被事を受けた地域への支援のため、再びチャリティーフリーマーケットを開催いたします。今回は、国分寺市が人的な支援をしている宮城県多賀城市から、お米やお菓子などの物産を送っていただきました。また、気仙沼の仮設住宅で暮らす人達の手作り手ぬぐいなども合わせて販売をさせていただきます。《数に限りがありますので売り切れることもあります》 フリーマーケットでは近隣の友人知人たちが持ち寄ったたくさんのお宝晶?が並びます。でひ、皆様お誘いあわせのうえお出かけ下さい。

・日時 11月20日 《日曜日》 10:00~16:00まで
・場所  ギャラリーウノヴィック 駐車場 (雨天決行です)
**住宅でわかりにくいのですが下記の地図を参考にお、いで下さい
また、ギャラリーでは常設展示と企画展【古布のコート・ジャケット展】開催

主催:ギャラリーウノヴイツク
共催:NPO法人 くらしの安全安心サポーター
協力:宮城県多賀城市観光商工課
けせん・ありがとうプロジェクト

**3月26日の第1回のフリーマーケットでは、義援金62,000円を
社会福祉協議会へ寄付をさせて頂きました。

地図・詳細はチラシをご覧ください
 ギャラリーウノヴィック ふりま.pdf

nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:学問

国立市で工場火災(2011.11.8)

国立市泉の工場が火事のようです。出荷は午後4時20分ごろだとか。まだ消えていないとのこと。
泉というと、中央道の国立府中インターチェンジ近のようです。

もう、真っ暗ですが、そちらの方角の空にヘリコプタの轟音がずっと鳴っています。


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

73報~写真集「南三陸から 2011.3.11~2011.9.11 写真 佐藤信一」 [東京・国分寺市から~東日本大震災ルポ]

49報~頑張れ、志津川の信ちゃん!記録し続ける南三陸町地元カメラマン佐藤信一(2011.4.6)
に、イトコ佐藤信一の親友TSさんとおっしゃる方がコメントをくださり、写真集が出たことを教えてくださいました。

日本文芸社発売 佐藤信一著『南三陸から 2011.3.11~2011.9.11』
9月の終わりごろ、テレビで紹介されたそうです。

また、komekomeさんとおっしゃる方も写真集を入手され、感想を寄せてくださいました。

当初は、一般書店には出ないが書店からの取り寄せが可能ということだったので、さっそく注文しようと思いつつ、12/11のチャリティーコンサート準備に追われて書店に立ち寄る時間もなく、日にちだけが過ぎていきました。

先日、叔母が実家に立ち寄った時、国分寺駅ビル内の書店の店頭にあったといって、写真集を買ってきました。
どうやら、全国書店の店頭で売られるようになったようです。
真っ白い表紙の横長の本です。
手にとってページを開き、圧倒されました。

さっそく書店に飛んで行き、とりあえず2冊注文しました。
出版元に在庫はあるとのことで、火曜日に入荷するとのことでした。

その火曜日を待たず、今日、西国分寺駅前の別の書店に立ち寄ってみると、一冊、書棚に飾られていたので、即座に購入。

最初のページは、被災前の美しい南三陸町の風景。
祭り、一面のひまわり畑・・・。

そしてあの日。
津波の押し寄せる直前の海の不気味なしずけさ。

ページをめくると、何度も目にした、あの3月11日の恐ろしい光景。

信ちゃんは生まれてはじめて、自然を恨んだと書いています。
手書きの文字が心に迫ります。

海を見ながらたたずむ町の人の背中。
悲しみの表情。
祈りの姿。

そんな中でも、信ちゃんのレンズは町の人々の笑顔を捉えています。
町の写真屋さんだからこ捉えることのできる、構えのない笑顔。

そして信ちゃんの写真には、瓦礫の向こうに必ず、海や山が写りこんでいます。
町が姿をかえても、そこがどこだったかがずっとわかるように。

そして、この夏も咲いた一輪のひまわり。

CIMG1274.JPG

CIMG1275.JPG

CIMG1277_edited.JPG

CIMG1276.JPG

定価1500円。一冊につき300円が南三陸町に寄付されるとのこと。

詳細はこちら:
http://www.minamisanriku-kara.com/
『南三陸から 2011.3.11~2011.9.11』 著者:佐藤信一 | 発行:ADK南三陸町復興支援プロジェクト | 発売:日本文芸社
定価:1,500円(税別)(1冊に付き300円を南三陸町に寄付) | お問い合わせ先:mskr_prj@adk.jp

産経新聞:
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111015/bks11101508020002-n1.htm

元気村ブログ:
http://www.chikyu-genkimura.com/blog.html?id=156
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

国分寺まつりレポート(2011.11.6) [インフォメ-ション&レポート]

あいにくのお天気ですが、お天気は関係なかったみたい。
朝からすごい人出です。

佐渡物産展、今年も長蛇の列。
20111106-01佐渡物産展.jpg

カニが飛ぶように売れています。
20111106-02カニ.jpg

20111106-3.jpg

お神楽、子どもたちが上手いんです。
20111106-04お神楽.jpg

20111106-05お神楽獅子舞.jpg

ステージの上ではエイサー。月桃の花歌舞団のみなさん。
20111106-08エイサ-.JPG

20111106-09エイサ-.JPG

パレード 阿波踊り
20111106-06阿波踊り.jpg

20111106-07阿波踊り.jpg

サンバ隊がやってきました。
20111106-11サンバ.JPG
20111106-12サンバ.JPG

20111106-13サンバ.JPG

20111106-14サンバ.JPG

20111106-15サンバ.JPG

カメラマンがいっぱい!
20111106-16サンバ カメラマン.JPG

20111106-17サンバ.JPG

20111106-18サンバ こどもたち.JPG

今年も商工会のブースには、国分寺駅付近の古い写真が。
北口のメインストリートは、大正時代から(おそらく明治時代から)道幅がかわっていませんね。
電信柱の位置も同じです。
メインストリートが大正時代からかわっていないなんて、東京にはもう、こんな街はないでしょう。ある意味、貴重。

20111106-19.JPG

20111106-20.JPG

20111106-21.JPG

20111106-22.JPG

20111106-23.JPG

20111106-24.JPG


nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:学問

72報~佐藤真一写真展「あの日の絶望から明日の希望へ」(フジテレビ本社屋)11/13まで [東京・国分寺市から~東日本大震災ルポ]

[東京・国分寺市から~東日本大震災ルポ]
http://masugata.blog.so-net.ne.jp/archive/c2301589367-1
でたびたびご紹介した、従姉弟の佐藤信一(南三陸町)の写真展がフジテレビ社屋で開催されているようです。
このたびの津波で家と写真館を流されましたが、町の写真屋として、町の写真屋にしか撮れない写真を撮り続けています。

写真展は11/13までですが、トークショーはすでに終わってしまったようです。
2011年6月22日 フォトネクスト 東京ビックサイトでの講演の模様がYou Tubeに上がっておりました。
私もこの講演を聴きに行きました。小さい頃に会っただけで、大きくなった(40歳を過ぎた)信一氏とこの時はじめて会いました。
津波から数日の間に、家も写真館も流されている航空写真を報道で見た時、親類たちはみな、信一一家の生存をあきらめかけました。
生きていてくれて、本当によかった。

東京ビックサイトでの講演の動画も埋め込んでおきます。

---------------
佐藤真一写真展「あの日の絶望から明日の希望へ」
http://www.fujitv.co.jp/gotofujitv/event/eve_photographer.html

----(フジテレビホームページより転載)------
2011年3月11日 忘れもしないあの日から地元「南三陸町」を撮り続ける町の写真屋さん『佐藤信一』。
10月8日より24Fコリドールにて実施している写真展に合わせて、1Fマルチシアターに佐藤信一さんが来場してトークショーを行います。
これまでも都内各地で写真展示、公演を行ってきた佐藤信一さんの生の話を聞きに、ぜひご来場ください。

写真展
日時 2011年10月8日(土)~11月13日(日) 予定
場所 フジテレビ本社屋24F コリドール
※有料エリア:球体入場料金として
大人500円 小中学生300円

トークショー
日時 2011年10月23日(日) 10:30~
場所 フジテレビ本社屋 1F マルチシアター

■プロフィール
photographer
佐藤 信一 南三陸町写真館 佐良スタジオ店主

南三陸町在住。昭和41年3月2日仙台市生まれ
2才の時、祖父のいる志津川町(現:南三陸町)に移り昭和59年3月、志津川高校を卒業。
東京写真専門学校、銀座(株)有賀写真館を経て平成4年に南三陸町に帰郷。
家業である「佐良スタジオ」を継ぎ、今日に至る。
両親、弟、妻、高一、小五の息子の7人家族。
今も避難生活を送りながら被災地の現状を撮り続ける

■震災後の主な活動
2011年4月から5月末 TBS絆プロジェクト 赤坂サカス にて佐藤氏の写真、モニター展示
2011年6月22日 フォトネクスト 東京ビックサイト にて写真展示、佐藤氏の講演
2011年7月20日 公益財団法人東京都慰霊協会 東京都墨田区 にて南三陸町民の語り部の講演と写真展示
2011年7月31日 HOPE FOR TREE FESTIVAL パシフィコ横浜 にて写真をモニターにて公開
2011年9月7日より9月26日迄、髙島屋(日本橋、横浜、名古屋)にて写真展を開催
現在南三陸町にて写真館での活動も行なっています。

--------
You Tubeより
大震災カメラマン佐藤信一 PHOTONEXT2011講演



nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:学問

71報~明日(11/6)、府中市押立公園のバザーで岩手県大槌町の魚を使ったアラ汁を販売! [東京・国分寺市から~東日本大震災ルポ]

府中市の前川さんから、緊急のお知らせ:

前川さんは、東日本大震災直後から、岩手県大槌町に入り、東京と往復しながら支援活動を続けていらっしゃいます。

----(前川さんからのメール)------
今度の日曜日、11月6日:午前10時~午後3時くらいまで、府中市の押立公園(最寄り駅:京王線武蔵野台駅:新宿から特急で調布駅で各駅に乗り換えて二ツ目です。駅から南に徒歩5分くらい)のバザーで、岩手県大槌町の魚を使ったアラ汁の販売をします。
まだ、市場が再開されず、漁業復活もなかなか思うように進みませんが、大槌の魚の美味しさを知ってもらいたい!と、本場のアラ汁を作ります。ぜひ、いらして下さい!
---------

お近くの方、是非いらしてください!

府中市の押立公園の地図はこちらから
http://maps.google.co.jp/maps?q=%E5%BA%9C%E4%B8%AD%E5%B8%82%E3%81%AE%E6%8A%BC%E7%AB%8B%E5%85%AC%E5%9C%92&ie=UTF8&ll=35.660539,139.510489&spn=0.011698,0.018625&oe=UTF-8&fb=1&gl=jp&hq=%E6%8A%BC%E7%AB%8B%E5%85%AC%E5%9C%92&hnear=0x6018e4fa6309d11f:0xfbafd0d9d1031566,%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%BA%9C%E4%B8%AD%E5%B8%82&cid=0,0,8521180764535787044&t=m&z=16&vpsrc=0&brcurrent=3,0x6018e54a484a0d29:0x498da66555a15f7f,0
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:学問