So-net無料ブログ作成
検索選択

▼国分寺崖線裾野の湧水を集めて流れる野川の最源流「真姿の池湧水群」の観測日誌 ▼ガイド・観察日誌・トピックス・インフォ→構成は「サイトマップ」「真姿の泉TODAY index」参照

53報~(個人的なことですが)震災後、初の演奏会(2011.4.30) [東京・国分寺市から~東日本大震災ルポ]

午後からOH!ジ-ンズ(和楽器アンサンブル)で、昭島の高齢者施設のデイケアに通っているみなさんの前で1時間ほどのコンサ-トをしてきました。
震災前の2月ごろから決まっていたコンサ-トで、震災後、はじめてのコンサ-トでした。

民謡が大好きなみなさんで、一緒に元気に歌ってくださいました。
曲目は馴染みのあるものを選び、一緒に歌ってもらう曲については歌詞カ-ドもつけたプログラムを用意しましたが、歌詞カ-ドのない曲も知っている方がいらして、ずっと歌ってくださいました。

プログラムは全12曲。一時間では全部はちょっと無理かなと思っていたのですが、調弦やト-クもトントンと進み、ぴったり一時間で12曲全曲演奏できました。
そこへ予想外のアンコ-ルがかかり、今回は特にアンコ-ル用の曲は用意していなかったのですが、急遽、「新相馬節」をやりました。
しんみりとした曲である上に、相馬は今回の津波で大きな被害を受けた地域ですから、この曲はあえてプログラムの中には入れていませんでした。
普通なら、アンコ-ルでやる曲ではない曲ですが、なんとなく、これをやろうという気持ちが瞬間的に一致してしまいました。
歌ったのは三味線弾きの沼ちゃん。宮城の出身で、友人が二人、津波で家を流されました。
歌いながら、津波で家が流されていく様が目に浮かんでしまい、歌は歌いきりましたが、その後、友人のことをしゃべっているうちに涙声に・・・。
普段、クールな男の涙でした。

こんな時ですから、こういうアンコ-ルもよかったのではないかと思います。

久々に爽快感を感じました。
なんだかしらないけれど、かつてないほどの練習不足なのに笛がよく鳴ること。

でも、それだけじゃない・・・。
東京は地震災害や津波の直接的な被害を受けたわけではないけれど、私自身の中で、音楽と向き合う心持ちが何か少し、前とは変わったような気がします。
笛ひとつ、前のように平然とは吹けない。
笛に息を吹き込み、音として鳴らす時、何かヒリヒリするものがあるのです。


nice!(18)  コメント(10) 
共通テーマ:学問

2011年4月29日(金) [[観察日誌-4]本日の真姿の泉11年1月~12月]

午後、久しぶりにエスニック・キッチン(器楽アンサンブル)の練習。
先週は葬儀のため、休みにしてもらっていました。
新緑まつり出演のための仕上げの練習をしました。

夜はOH!ジ-ンズ(和楽器アンサンブル)の練習へ。
明日30日のコンサ-トの仕上げの練習をしました。

久々に音楽三昧の一日。
震災以来、笛の練習はほとんどしていないわりには、悪い感触ではないのでちょっと安心。
逆に、新鮮な感じがします。
でも、この練習不足、あとになってたたるかも・・。

観測は休みました。

■気象
・天気:晴れ一時曇り
・降雨量:0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:学問

2011年4月28日(木) [[観察日誌-4]本日の真姿の泉11年1月~12月]

4/26から4/28にかけてアップした「52報~赤坂サカスの写真展 南三陸町写真館店主佐藤信一が撮り続ける復興の記録」は、120枚の画像をその1から5に分けて掲載したので、インデックスを兼ねた「まとめ」のページを作りましょうと思い立ち、120枚全部の写真をスライドショーで見られるようにしました。
ソネブロは、画像のスライドショーの機能はないのかな?前にはあったのだけど、消えちゃいましたね。
それにかわる機能を探してみましたが、無いのか見つからないのか・・・。
スライドショーと音源を同時に流せるといいのだけど、両方は無いのかな?
誰か教えて!!

で、googleのアカウントで「Picasa ウェブ アルバム」が使えてスライドショーの機能があるのを思い出しました。
午前中に何とか完成。
http://masugata.blog.so-net.ne.jp/2011-04-28
もう少しゆっくり画面がかわるようにしたいのだけど、どうしたらいいのかな?できないのかな?
いろいろ便利な機能は、いろいろ試してみるけれど、一人ではなかなか正解にたどり着けなかったりして大変。
誰か教えて!!

「nice」も「あしあと」に変えたいのだけど、どうやるんだか見つけられない~~。
誰か教えて!!!

観測は休みました。

■気象
・天気:晴れのち曇り
・降雨量:0.5mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


nice!(15)  コメント(6) 
共通テーマ:学問

2011年4月27日(水) [[観察日誌-4]本日の真姿の泉11年1月~12月]

午前中、支援物資を市役所に届けました。
協働コニュニティー課に持って行くと、課長さんみずからが受け取りに出てこられ、「やっぱり市民団体に声をかけてよかった~~」とおっしゃいました。すでに3団体が物資を提供し、これでたくさん集まったとのことでした。

週末に、職員が被災地に運ぶようです。

一般市民への救援物資提供募集は、現在、中断されたままのようです。東京都の都合で募集が中断され、国分寺市も右に倣えだったようですが、それぞれの自治体が担当する被災地の地域によって、必要な物資はいろいろ違うので、やっぱり市独自の活動が必要なのだと思います。
ようやくそういう動きになってきたような気もしますが、そういう動きがなかなか市民に伝わらないようで、このまま被災地への関心が薄れていくことのないよう、なんとかすべき時期にきているように思います。

観測は休みました。

■気象
・天気:晴れ後曇り後雨
・降雨量:2.5mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2011年4月26日(火) [[観察日誌-4]本日の真姿の泉11年1月~12月]

4/30に迫っている高齢者施設での演奏会のプログラムを印刷。一緒に歌ってもらうための歌詞付きのプログラムを作りました。

午後4時から、新緑まつり3日目のホ-ル発表(新緑ステージ5.15)の音響・照明の打ち合わせ。

帰りに、国分寺駅南口の山水堂さんという文房具屋さんに寄って、被災地の障害者施設への支援物資の文房具を預かってきました。
色鉛筆、クレヨン、折り紙、塗り絵、のり、はさみなどの文房具が足りず、国分寺市がまず職員にたいして募集をかけたようですが集まりが不十分だったのか、市民活動センター登録団体にも声がかかりました。
名水の会関係者が自前で用意してくれた品々と、山水堂さんも塗り絵を大量に寄付してくださり、畑中はOH!ジーンズからということで、和風の折り紙を用意しました。
ショッピングカートがいっぱいになるほどの量を預かってきました。明日午前中、市役所に届けます。

観測は休みました。

■気象
・天気:晴れ
・降雨量:0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2011年4月25日(月) [[観察日誌-4]本日の真姿の泉11年1月~12月]

朝、本多公民館6月分の会場申し込み。通常は5月の第一月曜日に6月分の申し込みですが、5月は連休があるため、4月中に申し込み日が設定されました。
4月いっぱいまでは節電のため夜間閉館措置が続いていましたが、5月から夜間が開館されるようになり、6月分の申し込みに大勢の人が来ていました。ただし、6月は冷房は入れないとのこと。

公民館も電力20%の削減を求められているそうで、7月8月の冷房使用はどうなるでしょうか。
公共施設だからということで、機械的に電力使用量の削減が割り振られますが、夏場の電力使用ピ-ク時にはむしろ、家庭の冷房は使わず、みなで公共施設に避難して時を過ごすほうが効果的なのではないかと私は考えているのですが。
こういう発想って、お上には届かないんでしょうねえ。

会場申し込みに引き続き、10時半からは新緑まつり実行委員会。
本番前の最後の実行委員会で決めることがたくさんありました。
今年は、ポスタ-を商店街にも貼っていただくよう、お店を訪問してお願いしてみることになりました。
27日(水曜日)の午後1時に広報担当が集まって実施することに。

夜は久しぶりにOH!ジ-ンズ(和楽器アンサンブル)の稽古に行きました。
盛岡に行っていたので、私は3回も休んでしまいましたが、4/30の午後、昭島の高齢者デイケアの施設で演奏があります。
曲はすでに決めてあり、先方にプログラム原稿と同じものも送ってあります。1時間番組全12曲を一曲一曲、丁寧に練習して行きました。明日、プログラムを40部ほど印刷予定。
あともう一回練習があって本番となります。

観測は休みました。

■気象
・天気:晴れ
・降雨量:0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2011年4月24日(日) [[観察日誌-4]本日の真姿の泉11年1月~12月]

国分寺市市議会議員選挙。
朝、投票をすませてから、湧水観測に出かけました。
3月20日以来、一ヶ月ぶりの観測となってしまいました。

ハケ下の農家のこいのぼりが、日に日に濃さを増す国分寺崖線の緑にはえます。
20110424ハケ下民家のこいのぼり.jpg

お寺(万葉植物園)の本堂前のシャクナゲが満開。
20110424シャクナゲ.jpg

■観測時刻
10:00

■気象
・天気:晴れ一時雨
・気温(観測時):20.0℃(新しい温度計使用)
・降雨量:1.5mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


■真姿の池湧水
(1)東端角、落ち葉に隠れて見えない。
(2)東端角から20センチあたり、落ち葉に隠れて見えない。
(3)東端角から西へ40センチあたり、落ち葉に隠れて見えない。
(4)60センチあたり、、落ち葉に隠れて見えない。
(5)東端角から西へ80センチあたり、微弱な水流。
(6)東端角から100センチあたり、水流見えない。
(7)これより西100センチ~150センチくらいの範囲、、水流見えない。
(8)東端角から150センチあたり、微弱な水流。
(9)東端角から150センチ~200センチの範囲、水流見えない。

・第一堰:2筋 (2-) 擬木の  (a)   f に流水。 
20110424-1.jpg

・第二堰:4筋   無 無 無 中太 中太 中細 細 無
20110424-7.jpg

・水温(第二堰上):16.8℃(新しい温度計使用)(以前のものより0.8度ほど低い)
・水深(第二堰上):100mm↓ (前回3/20:105mm↓) 
1ミリ単位の計測:98mm (前回3/20:103mm) 

第一堰直下から上流側グレイチングの間の川底に埋め込まれている玉石、水面に出ている数:6個。
 11/1/9   第二堰上の水深が111ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は0個。
 11/1/16  第二堰上の水深が109ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は0個。
 11/2/20  第二堰上の水深が101ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は6個。
 11/3/20  第二堰上の水深が103ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は7個。
 11/4/24  第二堰上の水深が98ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は10個。

■弁財天の池
・池から隣家水路へのオ-バ-フロ-:あり。越流箇所の水位、低位。越流箇所中央の玉石の上5分の4が出ている。

・池:非常に濁っている。ケヤキの花が水面にびっしりと落下。民家内の水路の掃除をしている。
・池奥(崖沿い)水路:非常に濁っている。

■万葉植物園湧水
・洗濯場の堰(元町用水):たたきの6センチ下あたりに水面。(コンクリ-トのたたきが傾いている補強のためか、たたきの前に木製の板が立てられている。たたきの水平面よりも2センチくらい上に出ており、板が8センチほど水の上に出ているので、8センチ-2センチ=6センチとした)

上流側
20110424-4.jpg

下流側
20110424-3.jpg

・石橋たもとの擬木(洗濯場の堰の上流)水面に出ている長さ:342mm (前回2/20:325mm)

・石橋の上流側・下流側の干潟:
上流側の干潟、3分の1。
下流側の干潟、なし。

・石樋(植物園内):流水は弱く、垂直よりも奥にひっこんでいる。
背後の滝、向かって右側微量、左側も微量。
20110424-5.jpg

20110424-6.jpg

■ナガエミクリ自生地
20110424-2.jpg

■リオン湧水
・川幅狭まり、元町用水に届いていない。民家ブロック塀の約3m手前で消えている。
・道路下土管出口付近の川幅:52cm (前々回3/20:80cm)

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2011年4月23日(土) [[観察日誌-4]本日の真姿の泉11年1月~12月]

昨日、8日ぶりに東京に戻り、今日は一日、寝て過ごそうと思っていましたが、葬儀の写真の整理をはじめてしまったら止まらなくなりまして。
親類に送る写真の焼き増しとお礼の手紙などを準備しているうちに一日が終わりました。
どうも寝ていられない、因果な性分です。

観測は休みました。

■気象
・天気:雨
・降雨量:17.0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=




nice!(14)  コメント(10) 
共通テーマ:学問

52報のまとめ~赤坂サカスの写真展 南三陸町写真館店主佐藤信一が撮り続ける復興の記録 [東京・国分寺市から~東日本大震災ルポ]

あの日から撮り続ける「復興の記録」~南三陸町写真館店主 佐藤信一 記録写真展示~(@赤坂サカス)のレポート<インデクス>
その1その2その3その4 (4/12TBS放送より @赤坂サカス大画面より)
その5 (佐藤信一写真展示より@赤坂サカス)


スライドショーをアップしました。

4/12TBS放送より(赤坂サカス大画面より)





佐藤信一写真展示より




赤坂サカス イベント情報:
http://sacas.net/event/event_index1104.html?iurl=days%2F201104%2F20110425.html


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

52報の5~赤坂サカスの写真展 南三陸町写真館店主佐藤信一が撮り続ける復興の記録 その5 [東京・国分寺市から~東日本大震災ルポ]

その5です。
その1はこちらその2はこちらその3はこちらからその4はこちらから

佐藤信一撮影の写真です。
六角形のスタジオの周りを回って、じっくり見ました。
時系列と関係なく、津波の時の写真、津波が引いた後の写真、避難所でのさまざまな場面の写真などがシャフルしたように並んでいました。

079第2面.JPG

080第2面-2.JPG

081第2面-3.JPG

082第2面-4.JPG

083第2面-5.JPG

084第3面-1.JPG

085第3面-2.JPG

086第3面-3.JPG

087第4面-1.JPG

088第4面-2.JPG

089第5面-01.JPG

090第5面-02.JPG

091第5面-03.JPG

092第5面-04.JPG

093第5面-05.JPG

094第5面-06.JPG

097第5面-07.JPG

100第5面-08.JPG

101第5面-09.JPG

102第5面-10.JPG

103第5面-11.JPG

104第5面-12.JPG

105第5面-13.JPG

106第5面-14.JPG

107第5面-15.JPG

108第5面-16.JPG

110第5面-17.JPG

111第5面-18.JPG

第5面-19.JPG

113第6面-0.JPG

114第6面-1.JPG

115第6面-2.JPG

116第6面-3.JPG

117第6面-4.JPG

118第6面-5.JPG

119第6面-6.JPG

120ビルの谷間.JPG

TBSの巨大な社屋と超高層ビルの間のお洒落なサカス広場。見上げた空は吸い込まれそうなほど真っ青でした。ちょうどお昼時にかかり、TBSの社屋の中から大勢の人が出てきて、広場を横切り、街へ繰り出して行きました。
その広場の真ん中の、お洒落なテントみたいな形のスタジオから送られた映像が、巨大なオーロラビジョンに映し出されています。その中身は震災への応援メッセージであるにもかかわらず、今、日本が直面している国難はどこか遠い世界の出来事であるかのような、まったく別の世界がここにあるように思いました。

青空の下、お洒落なテントみたいな形のスタジオの外壁一面に、あっけらかんと、信ちゃんの写真が貼り付けられています。
素通りしてしまえば、カラフルなディスプレーのよう。
でも、スタジオのまわりを何周も回りながら、一点一点の写真を見入っていると、そこはもうスタジオの壁ではなく、南三陸町の街の今の姿と、その向こう側にある遠い時代の海と山の風景に引き込まれて行くようでした。
この赤坂の街の喧騒は、もう耳には入りません。

信ちゃんの写真には、必ず、山の稜線や岬などの遠景がはいっています。
オーロラビジョンに映し出された信ちゃんが、歪んで波打つ線路を撮る時、レールを跨ぐようにお尻を落として撮影している姿が印象的でした。
彼の写真は、瓦礫の山や曲がった線路など、衝撃的な対象物をアップで撮っても、その向こう側には必ず、山や岬などの遠景へと繋がっているのです。
今、街がどんなに変わり果てた姿になろうとも、有史以来、何千年も形を変えない山や海。
街の姿にそれをしっかりと写し込むことが、本当の意味で、街の姿を記録するということなのだと思いました。
街の写真屋にしか撮れない写真です。

災害で壊れるものと、災害では壊れないものとがある。
信ちゃんの写真には、その両方が写っている。
それがきっと必ず、この街の再建のエネルギーを生むはずです。

どうぞみなさん、見に行ってください。

赤坂サカス イベント情報:
http://sacas.net/event/event_index1104.html?iurl=days%2F201104%2F20110425.html


nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:学問