So-net無料ブログ作成

▼国分寺崖線裾野の湧水を集めて流れる野川の最源流「真姿の池湧水群」の観測日誌 ▼ガイド・観察日誌・トピックス・インフォ→構成は「サイトマップ」「真姿の泉TODAY index」参照

2010年12月18日(土) [[観察日誌-3]本日の真姿の泉10年1月~12月]

東久留米駅西口からまっすぐ西南西に向かう道路の先に見える富士山に、昨日は仰天しましたが、地図で調べてみると、東久留米からみえる富士山は、ちょうど冬至の日あたりに、富士山の山頂に日が落ちるのではないかと思います。
冬至の日に行ってみたいですが、今年は滅法忙しくて、ちょっと無理そうです。
お近くの方、ぜひ、見に行ってみてください。

夕方、おたかの道湧水園コンサートの第二回目。
スーパーボーカルアンサンブル「妙」(みょう)によるアカペラのコーラス。
グレゴリー聖歌から現代のクリスマスソングまで、指揮の市瀬寿子先生のレクチャーつきで大変面白いコンサートでした。

観察は、夕方、真姿の池湧水第一堰の目視のみ。

■観測時刻
17:00


■気象
・天気:晴れ
・降雨量:0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


■真姿の池湧水
・第一堰:6筋 (6-) 擬木の  a (b) (c) d  (e)  f に流水。 6筋数えられるがbceは非常に細い。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2010年12月17日(金) [[観察日誌-3]本日の真姿の泉10年1月~12月]

この冬はじめて、アメダス府中の明け方の最低気温が零下(-2.1度)になりました。

湧水保全フォーラム全国大会inひがしくるめに参加してきました。
朝からお天気がよく、展示物の荷物があるので助かりました。
武蔵小金井から、9時過ぎに東久留米行きのバスに乗り、40分ほどで中央図書館下車。
バス停降りても、会場の「生涯学習センター」らしき建物が見えず、通りがかりの人に聞くと、「あっちです」
指の方向に振り返ると、なんと、道路の正面にドカーンと大きな富士山。何もさえぎるものがなく、富士山の根元から全体が見えます。あまりの大きさにびっくり。
東久留米市は、富士山の方向に向けて計画道路を作ったという話しは聞いており、駅の上あたりからの写真も見たことがありましたが、これがそうだったのか!!
きょうのお天気に感謝。これを見ただけでもはるばる来た甲斐がありました。

さっそく受け付けをして、展示作業開始。
一般参加者の受付は12時からですが、関係者で早い時間にいらした方がさっそく熱心に見てくださっていました。
ポスター展示は、地元団体も含めて30団体以上が参加していました。どこも力作です。

フォーラムには、秋篠宮様がお越しになられ、最初から最後までずっといらっしゃいました。
途中、一般参加者がホールで映像鑑賞をしている間、一時間ほど秋篠宮様がポスター展示をまわられました。
私は自分の団体の展示物のご説明役をおおせつかり、3分ほど、概要をご説明いたしました。
皇室の方とお話したのははじめてでございました。

報告、基調講演、どれも興味深いお話でした。
私たちの会の神谷会長も壇上にて報告。10分間という限られた時間でしたが、湧水はヒストリカルポイントだという視点からのお話。これこそが私たちの会のコンセプトです。

観測は休みました。

■気象
・天気:晴れ
・降雨量:0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2010年12月16日(木) [[観察日誌-3]本日の真姿の泉10年1月~12月]

アメダス府中の最高気温は6.6度。日中も冷え込んだ一日でした。

明日は、湧水保全フォーラム全国大会inひがしくるめが、東久留米市の障害学習センターで開催されます。
私は朝、10時に会場入りしてポスター展示の作業をします。
きょうは展示物を丁寧に梱包。
当日は、秋篠宮殿下がお出ましになるのだとか。
警備もさぞ大変でしょう。

観測は休みました。

■気象
・天気:曇り
・降雨量:0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2010年12月15日(水) [[観察日誌-3]本日の真姿の泉10年1月~12月]

きょうから寒くなると言われたほど寒くはならず、日中の気温は13度台まであがりました。

このところ、コンサートとイベントでやたらと忙しいですが、年の瀬の忙しさとは別もので、あと半月で正月という感じもなく、なんだか調子くるっているのです、今年の師走は。

テレビに大写しの石原都知事、ワナワナしながらテメエラ呼ばわり。
反論されると、ワナワナ震えちゃうんでしょうか。
制御装置が壊れたヒトが首長の座に居座っているって、怖いですね。
お年のせいなのか、もともとの品性なのかしりませんが。
「排除されるべきもの」が違っているんじゃないのでしょうか。

観測は休みました。

■気象
・天気:晴れのち曇り
・降雨量:0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2010年12月14日(火) [[観察日誌-3]本日の真姿の泉10年1月~12月]

お昼ごろまで雨が残り、どんよりとしていましたが、最高気温は13.3度まで上がり、暖かい一日でした。

昨日もお伝えした、公共施設の「使用料・手数料の適正化方針(案)」への意見募集について、市の政策部に問い合わせをしてみました。
国分寺市の方針では、施設の維持管理費(建設費や人件費も含む)と減価償却費の一切合財を受益者に負担させるという内容です。
これでは一体、利用料がいくらになるのやら。維持管理費と減価償却費をどのように算定し、それが市の財政をどのように圧迫しているのかという実態に関するデータが一切示されていないので、その点について問い合わせたところ、その資料は「ある」というので「見せて」というと、結局「無い」という話になってしまいました。
ちょっと調べてみると、庁内の見直し検討委員会にも、この類の資料は出てきていないようなので、結局、数字の裏づけが無いままに、利用料を漏れなく徴収するという「方針」がはじめにありき、ということのようです。

一方、公民館などの利用率や利用者数を調べてみたところ、一番大きな本多公民館に関しては、延べ利用者数は年間19万人を超え、延べ人数ではない利用者数も、なんと7万6千人を超えているのです。
国分寺市の全人口が11万5千人あまりですので、まったく驚異的な利用者数です。

この公民館には、保育室もあり、小中学生向けの伝統芸能講座や異世代交流事業も行われており、大小さまざまな懇親会や地元コミュニティーの会合も頻繁に行われています。普通は公民館にはあまり出入りしない大学生や青年層もバンド練習などに利用しています。中高年のサ-クルなど、利用団体は800をはるかに超えています。
まさに、乳幼児から超高齢者まで、市民のあらゆる世代が利用しており、まさに、「さまざまな目的に誰でも使えて誰もが使っている」という実態をあらわしています。

限定的な個人が選択的に利用する場所には受益者負担が原則。それに異論はありませんが、市民の誰でも使えて誰もが使っている公民館施設の運営費は公費でまかなうべき。でなければ、何のための税金なのでしょう。

観測は休みました。

■気象
・天気:雨・曇り
・降雨量:5.5mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2010年12月13日(月) [[観察日誌-3]本日の真姿の泉10年1月~12月]

午前中から雨。
このところの暖かさから一転、きょうは最高気温も10度を切り、寒い一日でした。
明日はまた少し暖かくなるのだとか。
過ごしやすいのはありがたいですが、暖かい冬というのはちょっと不気味。
阪神大震災の前月12月も、異様に暖かかったことを思い出します。

国分寺市では、公共施設の「使用料・手数料の適正化方針(案)」への意見募集が始まっています。
国分寺市ではこれまで、公民館や地域センターの利用が市民は無料でしたが、「受益者負担の適正化」と称して、利用料を徴収する方針を打ち出しました。

音楽ホール、体育施設など、目的が特化されている施設や、それなりに新しい施設については、施設を一定時間占有する人が受益者負担することに異論はありませんが、公民館・地域センターのように、使用目的が限定されず、市民が誰でも平等に利用できる施設に「受益者負担」をあてはめるのはいかがなものか。

特に国分寺市の公民館事情というのは全国的にもちょっと特異なものがあり、民間の活動団体の数が圧倒的に多く、公民館の利用者数が膨大だということ。
「限定された人が施設を占有することを税金で賄うのは、利用しない人に対する不平等が生じる」というのが市の論法ですが、誰でも使えて誰もが使っている施設使用に料金を徴収するのは、税金の二重取りと同じこと。

身の丈にあわない北口再開発による財政圧迫が元凶なのは一目瞭然。
そのために、せっかくさかんな市民活動の火を消してしまうことになったら、何のための行政なのだか。
国分寺市が誇れるものといったら、史跡と湧き水と市民活動くらいしかないのに。
北口再開発になにやら利権があるのかないのか知りませんが、まあ、開発のもたらすカネに目がくらんで、一番の財産を犠牲にしようとはまさに末期症状だわね。

意見募集の詳細はこちら:
http://www.city.kokubunji.tokyo.jp/torikumi/012867.html

観測は休みました。

■気象
・天気:雨
・降雨量:15.5mm(未確定)
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2010年12月12日(日) [[観察日誌-3]本日の真姿の泉10年1月~12月]

朝から、西へ東へとかけずりまわって忙しい一日でした。
日中はボーっとなるほどの暖かさで、国分寺北口駅前で、なんと黄色い蝶がヒラヒラと飛んでいました。
ちょどフェンスにとまってくれたので、携帯カメラでパチリ。
12月中旬のチョウチョにはもうびっくり。
20101212黄色いちょうちょ000.jpg

しかし意外や意外、アメダス府中の最高気温は14.9度どまりでした。

観測は休みました。定点撮影の画像のみのアップです。

■気象
・天気:晴れのち曇り
・降雨量:0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


■真姿の池湧水
・第一堰(写真判定):6筋 (6-) 擬木の  a b (c) d  e  f に流水。 
20101212-1.jpg 

・第二堰(写真判定):7筋   細 細 細 太 太 中太 中細 無
20101212-7.jpg

■万葉植物園湧水
・洗濯場の堰
上流側
20101212-4.jpg

下流側
20101212-3.jpg


・石樋(植物園内):
20101212-5.jpg

20101212-6.jpg

■ナガエミクリ自生地
20101212-2.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2010年12月11日(土) [[観察日誌-3]本日の真姿の泉10年1月~12月]

午前中は東西元町防災会の定例会。
帰りに湧水観測。明日が定点撮影の日ですが、明日は朝から4つも仕事があって観測に行く時間がないため今日のうちに。
湧水はまた減ってきています。

夜は本多公民館ホールで喫茶ほんだと公民館共催のロビーコンサート「クリスマスの夕べ」を聞きに。
芝崎久美子(しばさきくみこ)によるチェンバロが聞けました。ホンモノのチェンバロはなかなか聞く機会がありませんが、チェンバロは子供のころからの憧れの楽器。すばらしい音色でした。一度触ってみたいなあ。
市村香枝(いちむらかえ)さんのソプラノソロも素敵でした。 コロラチュラです!すごいです。
そしてトリは混声合唱段の国分寺チェンバークワイア。この合唱団は上手いんです。ハレルヤが圧巻。
今月の23日(本多公民館ホール 2時開演)で共演させていただきます。アカペラの合唱と篠笛のコラボの曲です。
合唱をぶち壊しにしないよう、このところ毎日、緊張しながら練習に励んでおります。

気温は明け方、だいぶ冷え込んだようですが、日中はぐんぐんと上昇。18.3度まで上がり、暖かな一日でした。

■観測時刻
12:00

■気象
・天気:晴れ
・気温(観測時):17.2℃
・降雨量:0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


■真姿の池湧水
(1)東端角、はっきりとした流れが見えた。
(2)東端角から20センチあたり、はっきりとした流れ。
(3)東端角から西へ40センチあたり、はっきりとした流れ。
(4)60センチあたり、はっきりとした流れ。
(5)東端角から西へ80センチあたり、はっきりとした流れ。
(6)東端角から100センチあたり、微弱な水流。
(7)これより西100センチ~150センチくらいの範囲、微弱な水流。
(8)東端角から150センチあたり、微弱な水流。
(9)東端角から150センチ~200センチの範囲、水流見えない。

・第一堰:6筋 (6-) 擬木の  a b (c) d  e  f に流水。 (ア)は消滅
  

・第二堰:7筋   細 細 細 太 太 中太 中細 無


・水温(第二堰上):17.4℃

・水深(第二堰上):115mm↑ (前回12/5:120mm) 
1ミリ単位の計測:117mm (前回12/5:120mm) 

第一堰直下から上流側グレイチングの間の川底に埋め込まれている玉石、水面に出ている数:0個。
10/1/26 第二堰上の水深が85ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は18個。
 1/31 第二堰上の水深が84ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は17個。
 2/3  第二堰上の水深が84ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は18個。
 2/7  第二堰上の水深が83ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は19個。
 2/10 第二堰上の水深が84ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は20個。
 2/21 第二堰上の水深が86ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は17個。
 3/22 第二堰上の水深が99ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は7個。
 3/28 第二堰上の水深が104ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は5個。
 4/18 第二堰上の水深が108ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は2個。
 4/25 第二堰上の水深が113ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は0個。
 5/5  第二堰上の水深が123ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は0個。
 5/9  第二堰上の水深が120ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は0個。
 6/27 第二堰上の水深が108ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は2個。
 7/11 第二堰上の水深が108ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は3個。
 7/18 第二堰上の水深が107ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は4個。
 7/25 第二堰上の水深が103ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は5個。
 8/1  第二堰上の水深が101ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は5個。
 8/8  第二堰上の水深が98ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は8個。
 8/16 第二堰上の水深が99ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は5個。
 8/24 第二堰上の水深が94ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は11個。
 8/29 第二堰上の水深が90ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は13個。
 9/5 第二堰上の水深が88ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は14個。
 9/11 第二堰上の水深計測なし、 水面に頭が出ていた玉石は13個。
 9/19 第二堰上の水深が104ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は5個。
 9/26 第二堰上の水深が116ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は0個。
 10/3 第二堰上の水深が137ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は0個。
 10/9 第二堰上の水深が130ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は0個。
 10/10 第二堰上の水深が131ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は0個。
 10/17 第二堰上の水深が128ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は0個。
 10/24 第二堰上の水深が122ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は0個。
 11/1  第二堰上の水深が135ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は0個。
 11/7  第二堰上の水深が137ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は0個。
 11/14  第二堰上の水深が134ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は0個。
 11/21  第二堰上の水深が121ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は0個。
 12/5  第二堰上の水深が120ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は0個。
 12/11  第二堰上の水深が117ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は0個。


■弁財天の池
・池から隣家水路へのオ-バ-フロ-:あり。越流箇所の水位、低位。越流箇所中央の玉石の上5分の4が出ている。

・池:濁りなくきれい。
・池奥(崖沿い)水路:濁りなくきれい。

■万葉植物園湧水
・洗濯場の堰(元町用水):たたきの3センチ下あたりに水面。(コンクリ-トのたたきが傾いている補強のためか、たたきの前に木製の板が立てられている。たたきの水平面よりも2センチくらい上に出ており、板が5センチほど水の上に出ているので、5センチ-2センチ=3センチとした)

・石橋たもとの擬木(洗濯場の堰の上流)水面に出ている長さ:322mm (前回12/5:318mm)

・石橋の上流側・下流側の干潟:
上流側の干潟、なし。
下流側の干潟、なし。

・石樋(植物園内):石樋の全体から溢れ、流水は勢いよく前に飛び出している。
背後の滝、向かって右側大量、左側は少量。

■リオン湧水
・元町用水に勢いよく流れ込んでいる。
・道路下土管出口付近の川幅:155cm (前々回12/5:170cm)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2010年12月10日(金) [[観察日誌-3]本日の真姿の泉10年1月~12月]

夜、いずみホ-ル会議室にて、いずみ春の祭典実行委員会の役員会。
来年3月5日、6日の開催に向けて、着々と準備が進んでいます。

役員会の後、忘年会。10時ごろ終わって外に出ると、なんと小雨が降っていました。

■気象
・天気:晴れ
・降雨量:0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2010年12月9日(木) [[観察日誌-3]本日の真姿の泉10年1月~12月]

このところ、このブログの2010年9月8日の台風9号についての記事に、なぜかアクセスが集中しているようです。なぜでしょう。
たしかに今年は、2つの台風が日本海側に直接上陸するという特異な台風でした。

夏の異常な日照りのためか、りんごが少し小粒ですが、糖度が非常に高いように感じます。
夏の気温も高く、円も高く、本当に大変な一年でした。
今年もあと3週間あまりで終わり。
来年はどんな年になるでしょうか。

観測は休みました。

■気象
・天気:晴れ
・降雨量:0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問