So-net無料ブログ作成

▼国分寺崖線裾野の湧水を集めて流れる野川の最源流「真姿の池湧水群」の観測日誌 ▼ガイド・観察日誌・トピックス・インフォ→構成は「サイトマップ」「真姿の泉TODAY index」参照

2010年11月29日(月) [[観察日誌-3]本日の真姿の泉10年1月~12月]

昨日、観測に行けなかったので今日こそは、だったのですが。
ついにダウン、一日寝込みました。
この時期、時間のロスはイタイ!
マイッタね。

■気象
・天気:晴れ
・降雨量:0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2010年11月28日(日) [[観察日誌-3]本日の真姿の泉10年1月~12月]

定期観測日ですが、所用のため休みました。
定点撮影写真のみ、アップします。
真姿の池湧水第一堰は、写真で見ると5筋まで減少しているようです。

■気象
・天気:晴れ
・降雨量:0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


■真姿の池湧水
・第一堰:(写真判定)5筋 (5-) 擬木の a (b) (c) d f に流水。  (e)は消滅。
20101128-1.jpg

・第二堰:
20101128-7.jpg


■万葉植物園湧水
上流側
20101128-4.jpg

下流側
20101128-3.jpg

・石樋(植物園内):
20101128-5.jpg

20101128-6.jpg

■ナガエミクリ自生地
20101128-2.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2010年11月27日(土) [[観察日誌-3]本日の真姿の泉10年1月~12月]

家族で観光バスに乗って、千葉の養老渓谷に紅葉を見に行ってきました。

粟又の滝、なかなか豪快な滝です。飛び石を渡って、川の向こう岸にいけます。
20101127-01粟又の滝.JPG

渓流沿いに遊歩道が整備されていました。
紅葉はところどころあざやかでしたが、全体にはイマイチ。
でも、渓流の水音がここちよかったです。
20101127-02養老渓谷.JPG

帰路は羽田空港の交際線ターミナル見学。
テレビでも紹介されていた鳥居の下、舞台になっています。
ここでイベントでもやるのでしょうか。
20101127-03国際線タ-ミナル.JPG

オープンの時に話題になった「江戸小路」
20101127-04国際線タ-ミナル江戸小路.JPG

20101127-05国際線タ-ミナル江戸小路.JPG

20101127-06国際線タ-ミナル江戸小路ちょうちん.JPG

展望デッキ。
20101127-07国際線展望デッキ.JPG

20101127-08国際線展望デッキ.JPG

羽田の国際線は、旅行者よりも観光客が多くて、国際線ターミナルという感じが全然しませんでした。
エキナカみたいな感じ。

お台場から日の出桟橋までナイトクルーズ。夜景がきれいでした。
レインボーブリッジj、揺れる船の上からの撮影なので、手ぶれしてますが。
20101127-09レインボ-ブリッジ.JPG

観測は休みました。

■気象
・天気:晴れのち曇り
・降雨量:0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2010年11月26日(金) [[観察日誌-3]本日の真姿の泉10年1月~12月]

名水の会のバスツアー「下野国分寺・国庁跡と古代の下野を歩く」(12/3)が迫ってきました。
私は会計係で救護係で撮影係なので、参加費の領収書を揃えたり、酔い止めや痛み止め、下痢止め、胃薬、湿布、バンドエイド、虫刺されの薬などを揃えたり、カメラのバッテリーを充電したり、いろいろこまごましたことで忙しい一日でした。
準備完了、あとは当日、お天気になることを祈るばかりです。

観測は休みました。

■気象
・天気:曇り
・降雨量:0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

国分寺ぶらぶらMAP ワークッショップ第四弾(2010.12.7)のご案内 [インフォメ-ション&レポート]

国分寺モリタテ会主催、「国分寺ぶらぶらMAPワークッショップ第四弾」のチラシが届きました。

みんなで聞こう 国分寺崖線・野川のこぼれ話
みんなで発見しよう 国分寺・小金井のお宝

日時:12月7日(火)10:00~16:30
場所:カフェスロー

畑中は、13:00から30分ほど、史跡や国分寺崖線や湧水の話をまじえて篠笛を3曲ほど吹く予定です。
タイトル:篠笛&トーク ~国分寺崖線・時の回廊を巡る

縄文人など古代人がハケの上に住んで、泉に水を汲みに行ったハナシ。
武蔵国分寺と国分寺崖線の関係のハナシ。
地図を使って、古代寺院の伽藍が、どの方向に見えるかを確かめる楽しみのハナシ。
真姿の池と玉造小町伝説のハナシ。
など。
篠笛(ソロ)は、Uki-Uki水汲みウォーク、泉に来たりて、まほろば、万葉の風、時の回廊などの中から、時間を見ながら3曲ほど。

ぶらぶらmapワークッショップちらし.jpg


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2010年11月25日(木) [[観察日誌-3]本日の真姿の泉10年1月~12月]

日中、気温が12.9度までしか上がらず、さすがに寒くなってきました。

夜、バンドの稽古が終わって11時ごろ外にでると雨。
2.5ミリの降雨でした。

あさって(27日)、千葉の養老渓谷に紅葉を見に行く予定ですが、お天気どうでしょうか。
このところ、家にこもってパソコンに向かっての根詰め仕事が多かったので、久々に自然を満喫してきたいと思います。

国分寺モリタテ会から、「ぶらぶらMAP ワ-クショップ第四弾」のチラシが届きました。
別ページでご案内いたします。

■気象
・天気:曇り
・降雨量:2.5mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2010年11月24日(水) [[観察日誌-3]本日の真姿の泉10年1月~12月]

「湧水保全フォーラム全国大会in ひがしくるめ」のポスター発表展示物の印刷とポスター状に貼り合わせる作業を一気に片付けました。

展示物の原稿はこちらにアップしてあります。
http://masugata.blog.so-net.ne.jp/2010-11-18

開催日は12月17日、師走後半のイベントですから、主婦は大変!
制作物は今のうちにやっておかないと、直前に身動きとれなくなる可能性あり。
おまけにワタクシ、この12月に3本、来年1月に3本コンサートをかかえていて、もう何がなんだか状態です。
年賀状、書けるかしら??
いや、大掃除もできないかも・・・。

師走を待たずして、目の回るような急がしさ。まったく貧乏ヒマナシですワ。
忙しい年の、年明け元旦に熱がでるという最悪パターンに向かっているような・・・。

気合だ!!

観測は休みました。

■気象
・天気:晴れ
・降雨量:0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2010年11月23日(火・祝) [[観察日誌-3]本日の真姿の泉10年1月~12月]

明け方まで雨が降り、22.5ミリという結構な雨量。
昼からは晴れてきて、紅葉がグンと進んだ感じ。

昨夜、バンド仲間にいただいた4本の大根。
まずは、青々と茂った葉っぱを料理。わたくし、大根の葉っぱが大好き。
さっと湯がいてから細かく切って炒め、お酒とお砂糖少々とめんつゆで味付け。
これを白いご飯にかけていただくと最高です。

大根は1本はうちに残し、3本持って、大鍋のある実家へ。
弟夫婦も呼んで、おでんパーティーやりました。
大根サラダも作り、大根の葉っぱの炒め煮も出して、大根づくし。
とれたて新鮮大根のおいしいこと!
いよいよ冬ですねえ。

北朝鮮が韓国を砲撃したニュースが飛び込み、言葉もありません。
韓国の兵士二人が亡くなり、民間人もあわせて18人が怪我をしたとのこと。
砲撃で民家が焼け、山も燃え続けているそうです。
第二次世界大戦直後の朝鮮戦争って、いまだ休戦中であって、終わってはいないのです。
この砲撃で、直接、大きな戦争が始まるわけではないとしても、世界の経済はまた打撃を受けそうです。

観測は休みました。

■気象
・天気:雨のち曇りのち晴れ
・降雨量:22.5mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2010年11月22日(月) [[観察日誌-3]本日の真姿の泉10年1月~12月]

きょうは気温も低く、冷たい雨がショボショボと降ったりやんだり。

夜、和楽器バンドの稽古の時、メンバーが自分の庭の畑で作った大根を4本もいただきました。
葉っぱ付の立派な大根!
明日、おでんを大鍋でつくりましょう。

観測は休みました。

■気象
・天気:曇り・雨
・降雨量:8.0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2010年11月21日(日) [[観察日誌-3]本日の真姿の泉10年1月~12月]

きょうは、日立中央研究所の庭園開放の日だったので、真姿の池・お鷹の道の人出も多く、賑やかな水辺でした。
一日暖かく、穏やかなお日和でした。

11月半ば過ぎのわずかばかりの雨があったものの、湧水はこの一週間でグンと減りました。

■観測時刻
11:30

■気象
・天気:晴れのち曇り
・気温(観測時):16.0℃
・降雨量:0mm
過去の気象データ検索(気象庁 府中): http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=1133&block_ch=%95%7B%92%86&year=&month=&day=&view=


■真姿の池湧水
(1)東端角、はっきりとした流れが見えた。
(2)東端角から20センチあたり、はっきりとした流れ。
(3)東端角から西へ40センチあたり、はっきりとした流れ。
(4)60センチあたり、はっきりとした流れ。
(5)東端角から西へ80センチあたり、はっきりとした流れ。
(6)東端角から100センチあたり、微弱な水流見える。
(7)これより西100センチ~150センチくらいの範囲、微弱な水流見える。
(8)東端角から150センチあたり、微弱な水流見える。
(9)東端角から150センチ~200センチの範囲、水流見えない。

・第一堰:6筋 (6-) 擬木の a (b) (c) d  (e)  f に流水。  (ア)(ウ)は消滅。
20101121-1.jpg

・第二堰:7筋   細 細 細 太 太 中太 中 無
20101121-7.jpg

・水温(第二堰上):17.3℃

・水深(第二堰上):120mm↑ (前回11/14:135mm↓) 
1ミリ単位の計測:121mm (前回11/14:134mm) 

第一堰直下から上流側グレイチングの間の川底に埋め込まれている玉石、水面に出ている数:0個。
10/1/26 第二堰上の水深が85ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は18個。
 1/31 第二堰上の水深が84ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は17個。
 2/3  第二堰上の水深が84ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は18個。
 2/7  第二堰上の水深が83ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は19個。
 2/10 第二堰上の水深が84ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は20個。
 2/21 第二堰上の水深が86ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は17個。
 3/22 第二堰上の水深が99ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は7個。
 3/28 第二堰上の水深が104ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は5個。
 4/18 第二堰上の水深が108ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は2個。
 4/25 第二堰上の水深が113ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は0個。
 5/5  第二堰上の水深が123ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は0個。
 5/9  第二堰上の水深が120ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は0個。
 6/27 第二堰上の水深が108ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は2個。
 7/11 第二堰上の水深が108ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は3個。
 7/18 第二堰上の水深が107ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は4個。
 7/25 第二堰上の水深が103ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は5個。
 8/1  第二堰上の水深が101ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は5個。
 8/8  第二堰上の水深が98ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は8個。
 8/16 第二堰上の水深が99ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は5個。
 8/24 第二堰上の水深が94ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は11個。
 8/29 第二堰上の水深が90ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は13個。
 9/5 第二堰上の水深が88ミリの時、水面に頭が出ていた玉石は14個。
 9/11 第二堰上の水深計測なし、 水面に頭が出ていた玉石は13個。
 9/19 第二堰上の水深が104ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は5個。
 9/26 第二堰上の水深が116ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は0個。
 10/3 第二堰上の水深が137ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は0個。
 10/9 第二堰上の水深が130ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は0個。
 10/10 第二堰上の水深が131ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は0個。
 10/17 第二堰上の水深が128ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は0個。
 10/24 第二堰上の水深が122ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は0個。
 11/1  第二堰上の水深が135ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は0個。
 11/7  第二堰上の水深が137ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は0個。
 11/14  第二堰上の水深が134ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は0個。
 11/21  第二堰上の水深が121ミリの時、 水面に頭が出ていた玉石は0個。

■弁財天の池
・池から隣家水路へのオ-バ-フロ-:あり。越流箇所の水位、低位。越流箇所中央の玉石の上5分の4が出ている。

・池:濁りなくきれい。水面に落ち葉がびっしり。
・池奥(崖沿い)水路:濁りなくきれい。

■万葉植物園湧水
・洗濯場の堰(元町用水):たたきの3センチ下あたりに水面。(コンクリ-トのたたきが傾いている補強のためか、たたきの前に木製の板が立てられている。たたきの水平面よりも2センチくらい上に出ており、板が5センチほど水の上に出ているので、5センチ-2センチ=3センチとした)
上流側
20101121-4.jpg

下流側
20101121-3.jpg

・石橋たもとの擬木(洗濯場の堰の上流)水面に出ている長さ:323mm (前回11/14:310mm)

・石橋の上流側・下流側の干潟:
上流側の干潟、なし。
下流側の干潟、なし。

・石樋(植物園内):石樋の根元から溢れ、流水は勢いよく前に飛び出している。
背後の滝、向かって右側大量、左側は少量。
20101121-5.jpg

20101121-6.jpg

■ナガエミクリ自生地
20101121-2.jpg

■リオン湧水
・元町用水に勢いよく流れ込んでいる。
・道路下土管出口付近の川幅:155cm (前々回11/7:160cm)(前回11/14の140センチは参考値)


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問