So-net無料ブログ作成

▼国分寺崖線裾野の湧水を集めて流れる野川の最源流「真姿の池湧水群」の観測日誌 ▼ガイド・観察日誌・トピックス・インフォ→構成は「サイトマップ」「真姿の泉TODAY index」参照

<バス旅行>上野国分寺・国府跡と古代かみつけの里を歩く~4.宝塔山古墳(総社古墳群) [インフォメ-ション&レポート]

コース
①上野国分僧寺跡・ガイダンス施設上野国分寺館―尼寺跡(車中から場所のみ確認)→②山王廃寺跡→③総社資料館(昼食)→④宝塔山古墳(石室見学)→⑤蛇穴山古墳(石室見学)→⑥かみつけの里博物館→⑦八幡塚古墳

前橋市教育委員会のパンフレットより
00かみつけ遺跡地図.jpg

▼総社資料館をあとにして、徒歩で総社公民館の駐車場に戻り、宝塔山古墳へ。
駐車場から見える、このこんもりした小山が宝塔山古墳です。
一辺が50~60mくらい、高さ12m前後の方墳、作られたのは7世紀後半。国指定史跡だそうです。

01宝塔山古墳.JPG

▼北側の石段を昇りましたが、墳丘の上部は総社藩主秋元氏の墓地として江戸時代から利用されてきたとかで、こちらからは石室のほうへは行けません。
02宝塔山古墳北側から.JPG

▼南側へまわるようにと看板に書いてありました。
03宝塔山古墳説明看板.JPG

▼南側にまわって石段をあがると、とつぜん、むき出しの石室の入り口が。天井部分の一枚の石の大きさに唖然。中に自由に入れるようです。
04宝塔山古墳説明石碑.JPG

05宝塔山古墳入り口.JPG

06宝塔山古墳.JPG

07宝塔山古墳.JPG

▼入り口の両側の石積みからして素晴らしく緻密。隙間なく緻密な上に、デザインとしても美しい!
08宝塔山古墳外部石積み.JPG

09宝塔山古墳外部石積み.JPG

10宝塔山古墳外部石積み.JPG

▼入り口の前には、天井の石と同じような平たい巨石が地面に横たわっています。
11宝塔山古墳入り口の蓋か.JPG

▼中へ入ってみました。長方形の切石が隙間なくピシっと組まれています。
12宝塔山古墳内部.JPG

13宝塔山古墳内部石積み.JPG

▼天井は一枚の石です。
14宝塔山古墳内部天井.JPG

▼奥は深くて、三つの部屋にわかれているようです。入り口から二番目の部屋には、白い漆喰が残っているのが確認できました。千三百五十年も前の漆喰です。
15宝塔山古墳漆喰の痕跡.JPG

16宝塔山古墳漆喰の痕跡.JPG

▼この奥にもうひとつ部屋があり、中は真っ暗。そこに石棺がすえられています。懐中電灯の光でかろうじて見えます。
17宝塔山古墳石棺.JPG

18宝塔山古墳石棺.JPG

19宝塔山古墳石棺.JPG

20宝塔山古墳石棺.JPG

21宝塔山古墳石棺.JPG

▼石室の奥から入り口を見るとこんなかんじ。まさにタイムトンネルです!
22宝塔山古墳内部石積み.JPG

▼みな、古代の切石積みの美しさにみとれながら、現代へと戻って行きました。
23宝塔山古墳内部石積み.JPG

24宝塔山古墳内部石積み.JPG

25宝塔山古墳内部石積み.JPG

26宝塔山古墳内部石積み.JPG

27宝塔山古墳内部石積み.JPG

28宝塔山古墳内部石積み.JPG


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 7

コメント 0

コメントの受付は締め切りました