So-net無料ブログ作成

▼国分寺崖線裾野の湧水を集めて流れる野川の最源流「真姿の池湧水群」の観測日誌 ▼ガイド・観察日誌・トピックス・インフォ→構成は「サイトマップ」「真姿の泉TODAY index」参照

72報~佐藤真一写真展「あの日の絶望から明日の希望へ」(フジテレビ本社屋)11/13まで [東京・国分寺市から~東日本大震災ルポ]

[東京・国分寺市から~東日本大震災ルポ]
http://masugata.blog.so-net.ne.jp/archive/c2301589367-1
でたびたびご紹介した、従姉弟の佐藤信一(南三陸町)の写真展がフジテレビ社屋で開催されているようです。
このたびの津波で家と写真館を流されましたが、町の写真屋として、町の写真屋にしか撮れない写真を撮り続けています。

写真展は11/13までですが、トークショーはすでに終わってしまったようです。
2011年6月22日 フォトネクスト 東京ビックサイトでの講演の模様がYou Tubeに上がっておりました。
私もこの講演を聴きに行きました。小さい頃に会っただけで、大きくなった(40歳を過ぎた)信一氏とこの時はじめて会いました。
津波から数日の間に、家も写真館も流されている航空写真を報道で見た時、親類たちはみな、信一一家の生存をあきらめかけました。
生きていてくれて、本当によかった。

東京ビックサイトでの講演の動画も埋め込んでおきます。

---------------
佐藤真一写真展「あの日の絶望から明日の希望へ」
http://www.fujitv.co.jp/gotofujitv/event/eve_photographer.html

----(フジテレビホームページより転載)------
2011年3月11日 忘れもしないあの日から地元「南三陸町」を撮り続ける町の写真屋さん『佐藤信一』。
10月8日より24Fコリドールにて実施している写真展に合わせて、1Fマルチシアターに佐藤信一さんが来場してトークショーを行います。
これまでも都内各地で写真展示、公演を行ってきた佐藤信一さんの生の話を聞きに、ぜひご来場ください。

写真展
日時 2011年10月8日(土)~11月13日(日) 予定
場所 フジテレビ本社屋24F コリドール
※有料エリア:球体入場料金として
大人500円 小中学生300円

トークショー
日時 2011年10月23日(日) 10:30~
場所 フジテレビ本社屋 1F マルチシアター

■プロフィール
photographer
佐藤 信一 南三陸町写真館 佐良スタジオ店主

南三陸町在住。昭和41年3月2日仙台市生まれ
2才の時、祖父のいる志津川町(現:南三陸町)に移り昭和59年3月、志津川高校を卒業。
東京写真専門学校、銀座(株)有賀写真館を経て平成4年に南三陸町に帰郷。
家業である「佐良スタジオ」を継ぎ、今日に至る。
両親、弟、妻、高一、小五の息子の7人家族。
今も避難生活を送りながら被災地の現状を撮り続ける

■震災後の主な活動
2011年4月から5月末 TBS絆プロジェクト 赤坂サカス にて佐藤氏の写真、モニター展示
2011年6月22日 フォトネクスト 東京ビックサイト にて写真展示、佐藤氏の講演
2011年7月20日 公益財団法人東京都慰霊協会 東京都墨田区 にて南三陸町民の語り部の講演と写真展示
2011年7月31日 HOPE FOR TREE FESTIVAL パシフィコ横浜 にて写真をモニターにて公開
2011年9月7日より9月26日迄、髙島屋(日本橋、横浜、名古屋)にて写真展を開催
現在南三陸町にて写真館での活動も行なっています。

--------
You Tubeより
大震災カメラマン佐藤信一 PHOTONEXT2011講演



nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:学問

nice! 8

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
ぱぱくま

あの日からもうすぐ8カ月ですが
まだまだ終わりは見えません・・
募金を受け付けしているところも随分減ってきました。
辛い記憶を忘れたいという事と、これからの未来に残すべき知恵を繋ぐ事、
色んな思いがあるんだと思います。
Twitterの1円募金ではありますが毎日続けていきたいと思ってます!!
by ぱぱくま (2011-11-06 09:52) 

お水番

ぱぱくまさん、コメントありがとうございます。
もうすぐ8ケ月ですね。
震災直後は、もう日本中の誰もが、被災地のために何かしなくてはと、何かしらの行動をしましたが、被害が顕著ではない土地は、時の経過とともに以前と同じ日常に戻っていく。
また、そうでなければ人間、耐えられないのかもしれません。
時間の経過とともに、「自分に何ができるのか」の中身もかわってくるのだと思います。
義捐金もまだまだ足りないし、人的支援もますます必要だけれど、私は東北地方の伝承音楽や歴史と向き合うことで、東北に対する共感を広めて行きたい。
そんな風に考えて、12/11のコンサ-トを企画しました。
このコンサ-トを成し遂げた時、また、その先のすべきことが見えてくるような気がしています。
by お水番 (2011-11-06 16:10)